どんな願いも叶う!?思いを現実にする【引き寄せの法則】とは?

出会い&婚活

甘いものをなかなかやめられないけど、痩せてきれいになって素敵な彼氏を作りたい!

毎日子供に怒鳴ってしまって自己嫌悪…。明日こそ穏やかで優しいママになりたい!

一生に一度でいいから、憧れのホテルに泊まってディナーを楽しみたい!

など、人は様々な願いを抱えて生きています。

かなえたい願いがあっても時間やお金が足りなかったりして、現実にするのは難しいですよね。

そんな人たちの間で昨今、本屋さんやインターネットで話題になっているのが【引き寄せの法則】です。

40万部を超えるベストセラー書籍もあったりして、「コツをつかんで実践すれば願いが叶う」とも言われています。

 

この記事では、引き寄せの法則についてわかりやすく紹介していきます。

  • 引き寄せの法則って何?誤解して解釈されていることとは
  • 引き寄せの法則を使いこなすポイント
  • 引き寄せの法則の実践例と成功体験談

 

 

引き寄せの法則って何?誤解して解釈されていることとは

引き寄せの法則って聞いたことあるけど、具体的にどういう法則なの?

何となく「幸運を引き寄せる」というイメージはあっても、中身はあまり知られていない引き寄せの法則。

本を読んだりして概要をしれば、とにかく願いが叶って必ず幸せになれるんでしょ?

などと誤解されていることも多いです。

  • 引き寄せの法則への誤解1「強く願えば叶う」
  • 引き寄せの法則への誤解2「ポジティブシンキングをすれば願いが叶う」
  • 引き寄せの法則への誤解3「何度もイメージしたり、文章にすれば願いが叶う」

ここでは、引き寄せの法則について誤解されていることを紹介しつつ、具体的にどんな法則かを紹介します。

 

引き寄せの法則への誤解1「強く願えば叶う」

引き寄せの法則は、2006年に「the Secret」という書籍が出版されてから話題になりました。

動画でも説明されているように、引き寄せの法則とは何かを一言で言えば、「思考(自分が考えていること)は現実化する」ということです。

人間の意識には2種類があります。

人間が持つ2種類の意識とは?
  • 顕在意識
    …普段、自分が「こう考えている」と意識することができる意識。「受験に合格したい」「お腹が空いた」など
  • 潜在意識
    …過去に見たことや経験など、普段意識しないけど無意識に考えている意識。記憶データとして蓄積されている意識

 

潜在意識のほうが、意識の内の9割を占めていると言われています。

「こうしよう」と考えて行動することより、無意識に考えている通りに動いて、現実を作り上げていると言っても良いでしょう。

例えば強く「痩せたい!」と願い、

今日から毎日走ってダイエットしよう

と考えたとします。

しかし実際は家から出るのが億劫(おっくう)で、「明日からにしよう」と思って甘いものを食べてしまうのはよくありますよね。

これは顕在意識で「頑張ろう」と考えても、潜在意識が「まぁいいか」とストップをかけて、現実の行動につながらないためです。

潜在意識が変わらなければ、いくら強く願っても「痩せてキレイな自分」という理想の未来を引き寄せることはできません。

 

マザー・テレサの言葉に、「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから」というものがあります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

まず無意識に考えている思考(潜在意識)があって、それが言葉になって出て、いずれは現実になると訴えています。

私はいつまでも子供にやさしくできない、意志が弱くダメなママだ…

とずっと考えていたら、愚痴などの言葉になって出てさらに弱気になり、積極的に自分を変える行動ができなくなるのです。

その結果、「優しいママになる」という未来(理想の現実)を引き寄せることは到底できませんよね。

ここで「今日から優しいママになる!」といくら強く考えたところで、現実には毎日怒鳴っていたら実現は難しいでしょう。

むしろ強く「優しいママに!」と考え続けることで、現実はそうなれていないことが強調され、実現を遠ざけてしまいます。

幸せな未来を引き寄せるには、潜在意識に「具体的にこうなりたい」と刻み込み、それを心から信じることが必要になります。

 

引き寄せの法則への誤解2「ポジティブシンキングをすれば願いが叶う」

とにかく前向きに考えて、明るく過ごしていれば理想の未来を引き寄せられるんでしょ?

というのも、引き寄せの法則へのよくある誤解です。

「いつも前向きに!ポジティブでいよう!」というのは、願いをかなえるためのキーワードのように思いがちです。

しかし潜在意識は、そう簡単には変わりません。

今年こそ素敵な彼氏を見つけて、理想の結婚式を挙げる!

と頭では前向きに考えていても、

去年も頑張っても良い出会いがなかったし、まぁどうせ今年も同じだろうな…

と、潜在意識では自分の願いを無意識に否定していたり、諦めていたりしがちです。

内心で諦めていると、心から願いをかなえるための行動や努力はできないものですよね。

理想の人が現れても粗探しをしたりして「やっぱり駄目だった」と、無意識に考えた通りの現実を引き寄せ続けてしまいます。

潜在意識から変えるには「こうなりたい」と願うより「こうなっている」と具体的に未来を決定付けしてしまうことが大切です。

 

引き寄せの法則への誤解3「何度もイメージしたり、文章にすれば願いが叶う」

欲しいものをリストアップしたり、願いをかなえるためにした努力を日記にして文章化すれば、願いが叶いやすいんでしょ?

という考えも、理想の未来を引き寄せるとは限りません。

自分の願いや考えを客観的に知る意味では、具体的にイメージして文章にするのは良いでしょう。

しかし「具体的に未来をイメージする」「文章に書き起こす」という行為そのものが、実現につながるわけではありません。

ただイメージして書きさえすれば未来を引き寄せられない、ということです。

大切なのは、心を込めてイメージしたり、文章にしているかということです。

 

 

引き寄せの法則を使いこなすポイント

引き寄せの法則の概要がわかったところで、日常生活でつかいこなせないと意味がないですよね。

  • 「不幸が起きなくなるわけではない」と理解する
  • マイナス思考を捨て、より良いものを選べるようになる

ここでは、引き寄せの法則を実践する際にしておきたい心構え、ポイントを紹介します。

 

「不幸が起きなくなるわけではない」と理解する

考えた通りの未来を引き寄せるということは、災害とか不慮の事故とか、考えたくもないことは起こらないってこと?

と思うことでしょう。

しかし人生や、少し現実離れしますが、私たちを取り巻く目に見えない宇宙の法則のようなものは、そう単純ではありません。

引き寄せの法則とは一言に、「思考が現実になる」と説明しました。

「悪い考えをしなければ悪いことも起きない」と考えたいですが、現実は病気をしたり失敗するのは日常茶飯事です。

しかし引き寄せの法則を正しく理解すると、人生で起こるネガティブとされていることも、一概にそうではないと気付きます。

あの失恋があったから、今の旦那と結婚できて、かけがえのない子供たちに恵まれた!

など、最初は失敗や不運と思ったことが、結果的に明るい未来につながっていたと思ったことはないでしょうか。

引き寄せの法則を実践し、潜在意識から変えていけるようとなると、失敗も失敗ではなくなります。

第一志望の就職先ではなかったけど、この職場でしか学べないことはあるはず

など、全ての現実を明るい未来を引き寄せるための材料にして、前向きに受け止めることができるのです。

そのため結果的に、「引き寄せの法則を正しく実践できれば、人生で不運や悪いことは起きない」と言えるかもしれません。

 

マイナス思考を捨て、より良いものを選べるようになる

少しスピリチュアルな話になりますが、人や物には周囲に対して無意識に放っている「波動」があります。

例えば「あの建物は嫌な感じがする」というように、無意識に波動を感じ取ることもできます。

人間が発する場合、今感じている感情が「波動」になって、周囲の人に言葉を伴わず自然に訴えかけるのです。

どうせ私は暗いし、仕事もできないし

といったマイナスの感情は、無意識に波動になって、周囲にも

あの人は何となく暗くて、近寄りがたいよね

という印象を与えます。

つまり、無意識に考えた通りの現実を作ってしまうということです。

別の例で言うと、浮気したりデートに遅刻したりする彼氏に、いつもイライラしている女性がいたとします。

彼女のイライラした波動は彼にも伝わります。

すると彼もまた、無意識に彼女をイライラさせるようなトラブルを起こし、イライラさせ続ける現実を作ってしまうのです。

マイナス思考でいると引き寄せの法則もまたマイナスに働き、知らず知らずのうちに悪い結果ばかり引き寄せるということです。

 

  • 「イライラしている」などのマイナスの自分の感情に気付く
  • 今感じている感情に気付けたら、気分を紛らわせたりしてイライラしない(マイナスではない)方向に切り替える
  • 気分が違う方向に向いたら、明るい未来を想像するなど、ワクワクすることを考える

 

マイナス思考をしていることを自分で確認できれば、そこから脱することもできます。

すると客観的に「それほど魅力的な彼氏ではないかも」などと、冷静になることができます。

つまり、より良い未来を選び、引き寄せることにつながります。

また、引き寄せの法則を取り上げた以下の書籍でも、「周囲に感謝することで、より感謝したくなるような現実を引き寄せることができる」と説明しています。

 

「感謝」で思考は現実になる
パム・グラウト
¥ 1,728(2019/04/25 23:33時点)

 

幸せな未来を引き寄せるための日々の習慣
  • 「今日は何か奇跡のような素晴らしい体験をする」と宣言してから1日を始める
  • 「今日起こった奇跡のような素晴らしいと思える体験」を3つ、メモしたり、ツイートするようにする

 

上記のように、幸運を引き寄せる体質になるための具体的な方法も紹介されています。

思考した通りの現実を引き寄せるという具体的な体験談も数多く紹介されていて、おすすめの一冊です。

 

 

 引き寄せの法則の実践例と成功体験談

引き寄せの法則を実際に行って、願いをかなえた人の体験談や書籍なども出版されています。

  • 「1年以内に彼氏ができて、来年には結婚している」と具体的にイメージしたらその通りに
  • 芸能人や宝塚スター、トップアスリートも無意識に引き寄せの法則を実践していた

ここでは、引き寄せの法則を実践した例を紹介し、実生活に役立てるコツを紹介します。

 

「1年以内に彼氏ができて、来年には結婚している」と具体的にイメージしたらその通りに

引き寄せの法則を実践してみて、「本当に願いが叶った!」という体験談は数多くあります。

「近いうちに素敵なパートナーと出会える」と信じていた私は、すぐにこの人かもしれないと思いました。
友人期間を経て、その後恋人となりました。
そして1年後、結婚することができました。
自分の人生にこんな幸せなことが訪れるなんて!と、人生観が変わるくらい幸せなことでした。
今、結婚3年目ですが、「こんな人と結婚したい」と書いていた特徴と、夫がぴったり当てはまるんです!!
引用:引き寄せの法則で未来の結婚相手に出会えた!!

例えば上記の体験談は、

1年以内に彼氏ができて、来年には結婚している

と未来を具体的にイメージし、現実にした例です。

ただしイメージしさえすれば、その通りの未来を引き寄せられるわけではありません。

「どうせ無理だろうけど」という無意識の思い込みを捨て、心からワクワクできるように潜在意識を変えていくことが大切です。

 

潜在意識から変えてイメージする方法
  • できるだけ細かくイメージする
    …「子供は2人」「白い大きな一戸建てに住んでいる」「何年後までに、年収いくらになっている」など
  • 「だったらいいな」と頭で考えるのではなく、「こうなっている」と無意識(潜在意識)に信じ込ませる
    …「こんな男性と結婚出来たらな」ではなく、「こんな男性と結婚している」と何度も無意識に刻むようにする

 

潜在意識は「~だったらなぁ」という願望や、「こうはなりたくないな」という否定形の語尾は理解できません。

嫌だなと思う結婚生活を想像しないでください

と言われても、そう聞くだけで無意識に

自分が「嫌だな」と感じる結婚生活ってどんなだろう?

と思考・想像してしまいますよね。

潜在意識は否定形の語尾(「~しないで」等)を理解できないと説明した通り、「結婚に失敗したくない」と願っていても、潜在意識の中では「結婚・失敗」というフレーズのみが強調されてしまいます。

そして無意識に、その通りの未来(失敗と思うような結婚生活)を作ろうとするのです。

具体的な理想の未来が描けたら、自分が幸せになっている姿をすみずみまで想像し、無意識に焼き付けるようにしましょう。

 

芸能人や宝塚スター、トップアスリートも無意識に引き寄せの法則を実践していた

著名な芸能人や宝塚スター、トップアスリートなどの中にも、引き寄せの法則を知らず知らず実践して成功している人がいます。

レディーガガは無名時代から「私は大スターだ」と思って町中を歩いていた。
また、高校の時、多くの友達が「将来Googleで働きたい」って言う中、自分は検索される側になりたいと思っていた。
引用:引き寄せの法則で成功した芸能人の体験談17選

日本は謙遜を重んじる文化が根強い国です。

無名の若い人が自分が成功している姿を想像して近づこうとしていても、「尊大で身の程知らず」などと批判されがちです。

しかしある宝塚スターは、まだ入団もできていない時に舞台を見た時こう考えました。

「ここに将来私は主役として立っている」と、当然のように具体的に未来の自分の姿をイメージしたと言います。

願望というより当然の前提として考えたので、「そうなっている自分を実現するための努力も惜しまずできた」と言います。

具体的にイメージする力や、それを素直に信じる心、強い思考力が、理想の未来を引き寄せる第一歩かもしれませんね。

 

まとめ

誰もが日々「何かをしたい」「こうなりたい」と願いながら生きています。

しかし現実には、「(今までの自分から考えて)絶対無理だろうけど」「しょせん妄想だけど」と、無意識に否定しています。

「どうせ自分には無理」という思考は、必死に場違いな努力をしたりと、自分に無意識に空回りや失敗を続けさせてしまいます。

その結果永遠に「願いが叶わない現実」を引き寄せ続けてしまうのです。

思考を現実にするためには、引き寄せの法則を誤解しないことが大切です。

今考えていることが、その通りの未来を作ることを理解しましょう。

すると自分の考えを客観的に観察でき、ネガティブがこびりついた潜在意識から変えられるようになります。

近いうちに、明るい未来を引き寄せられることでしょう。

 

関連記事婚活などでお見合いした後次のチャンスにつなげるための話題を紹介した、以下の記事もおすすめです。

【お見合い後の初デート】次のチャンスにつなげるための話題とは?

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
スポンサーリンク
出会い&婚活恋愛恋愛&結婚結婚相手
flaugh(フラウ)

コメント