洗面所のサビは落とせる!?うっかり「もらいサビ」の原因と対処法

そうじ&片付け

バスルームに続く洗面所には髪留めやカミソリなどを気軽に置いてしまいますね。
うっかりするとそこからサビが付いてしまいます。
洗面台は金属でもないのに、接触した金属の形そのままに茶色く目立つサビが残ってしまうんですよね(>_<)
これがなかなか落ちない!
きれいに落とす方法をご紹介します。

 

 

洗面所のサビの原因は「もらいサビ」


出典:株式会社すけみつ

鉄などの金属がサビるのは水と空気による化学変化のせいですから、これはもう仕方無いことだと思います。
扱う物によってそれぞれサビないように工夫して使っていますね。

うっかりしてしまうのが入浴前に身につけていた金属、女性ならヘアピンやアクセサリー類が多いでしょうか(#^.^#)
男性ならカミソリやポケットから出した小物なんかもポイっと洗面台に投げ出しているかもしれません。

それが入浴後に片づけ忘れて水気を帯びたまま翌朝を迎えると、洗面台と接触した面に薄っすらと茶色いサビが現れてしまいます。

「やっちゃった・・・」と後悔しても遅いですよね(*´Д`)
金属の小物もショックですが洗面台にくっきりと残るサビが、しでかしたことをいつまでも忘れさせてくれません。
家族にもブーイングされそう・・・。

でも洗面台は大抵は陶器製
金属同士で水気を帯びたわけでもなく、サビるなら金属だけなんじゃないの?
洗面台の性質から言って本来はサビとは無縁ですよね。

サビるはずのない素材にサビが出るのは金属から移る「もらいサビ」という現象です。
金属のサビが接触している部分にピッタリ張り付いてしまうんですね。
いやいや要らないからと持ち主は全否定したいですが、条件が揃えば陶器にだってステンレスにだってサビは移ってしまいます。
キッチンのシンクでも空き缶を放置していると丸いサビ跡がつきますよね。

もらったサビは普段の掃除と同じレベルで擦った位では簡単に落ちません。
でも見つけてすぐに対処すればまだ楽に落とせるかもしれませんよ。
時間が経つにつれサビが酷くなり落としにくくなってしまいます


出典:リノコ

 

キッチンのシンクについたもらいサビの対処法は、こちらの記事を参考にしてみてください(^-^)
キッチンシンクのサビの落とし方!ステンレスを傷つけずピカピカに

 

 

洗面所のサビ取りに必要なもの


出典:ビアンコジャパン

もらいサビが付着して間もない内であれば簡単な研磨材でも落とせます。
例えば洗面所にある歯磨き粉
サビに少量乗せて、軽く指で擦るだけで元通りになりますよ。

でも時間が経ち頑固になってしまったサビはそう簡単にはいかないかもしれません。
もらいサビは素材の奥にまで根を張っているわけではありませんから、表面に張り付いている汚れになります。
いかに素材を傷つけずに削ぎ落すかがカギと言えますね。

歯磨き粉では太刀打ちできないサビにはもう少し強い粒子の研磨材で対処していきましょう。

  • クレンザー
  • ラップまたは使わなくなったストッキング

 

もらいサビに対応した洗剤も市販されています。
クレンザーが家に無い場合は専用の洗剤を準備しても良いですね。

ホーロークリーン MS-109

TOTO お掃除グッズ らくらく錆落し


 

洗面所のサビ取りの手順


出典:ジフ

もらいサビをきれいに落とすコツは、洗剤の力に頼り手に力を入れ過ぎないこと。
とはいえ加減が難しいですよね。
一気に擦り落とそうとせずにゆっくり進めていきましょう

クレンザーには表面の汚れを磨き落とす研磨材が含まれています。
サビや汚れだけを落とすならクレンザーの粒子がしっかりサビに密着した方が効果は上がりますね。

柔らかいスポンジを使っても良いのですが、どうしてもスポンジの方へクレンザーの成分が浸透してしまいます。
クレンザーを吸収せずに強すぎない力で擦るには丸めたラップがおすすめです。
使い古したストッキングでも良いですね。
家にあるもので十分きれいになりますよ。

  1. サビ部分にクレンザーをかける
  2. 丸めたラップやストッキングで擦る
  3. 水をかけて落ち具合を確認する
  4. 落としきったらサビ汚れを残さないようにすすぐ
  5. 乾いた布で拭き取る

 

サビが落ちたらサビの混じった汚れた水はしっかり流しきりましょう。
残ってしまうとまた汚れがそのままシミになってしまうかもしれません。

サビ落としのついでにササっと全体を軽く擦り洗いしても良いですね、
クレンザー効果で表面に付いた汚れが落ちてピカピカになりますよ(^-^)

まとめ

サビ汚れは早めの対処が掃除を楽にしてくれます
頑固なものほど洗面台を傷つけてしまうリスクも高まりますね。

クレンザーや市販のサビ落としを使えば表面の汚れが落とせます。
サビにしっかり密着させて円を描くように優しく擦りましょう

身だしなみを整える洗面所はいつもきれいにしておきたいですね。
掃除が行き届いていてもサビの茶色は目立ちます。
きれいに落としてサビが付く前よりもピカピカにしちゃいましょう。

 

洗面台がきれいになったら鏡も磨きたいですね。
こちらの記事も参考にしてみてください(^-^)
鏡掃除に研磨は禁物!?傷を付けずにピカピカにする方法

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
utahako

小学生と幼稚園児がいる主婦です。 
家族も認めるズボラで面倒臭がり・・・(#^.^#) 
そんな私の目線から日々の生活に役立つ情報を綴ります。 
毎日の楽しいことや面白いことを共有しましょう♪ 
面倒なことも楽しくできたら充実度が違うはず。 
そう自分に言い聞かせながらゆるく活動しています。 
少しでもお役に立てたら嬉しいです。 

utahakoをフォローする
スポンサーリンク
そうじ&片付け家事
flaugh(フラウ)

コメント