レーザー脱毛の後にもらう塗り薬の正体は!?使うべき理由と注意事項

脱毛

医療機関でのレーザー脱毛の後には塗り薬を渡されることがほとんどです。

 

「塗ってるけど何の薬か良く分からない」

「面倒くさいから塗らなくても大丈夫かな?」

説明を受けたはずが、薬がどうして必要なのか詳しく知らない人がほとんどだと思います。

 

でもこの薬、正しい使い方をしないと逆効果になる事もあるんです。

この記事では脱毛の後に渡される塗り薬の正体と、正しい使い方について詳しく解説します。

 

 

レーザー脱毛の後の塗り薬はステロイド剤

脱毛後に渡される塗り薬の正体は、ステロイド剤です。

ステロイド剤にはざまざまな種類がありますが、主に「リンデロン」や「デルモゾール」などが脱毛後に使用されます。

でもこのステロイド剤、一体どんな効果があるのか気になりますね。

ステロイド剤とは

  • 炎症を抑える
  • アレルギー反応を抑える

 

大きく分けて、この2つがステロイド剤の効果です。

多くの炎症性皮膚疾患に使われる薬で、アトピー治療にもステロイド剤が有効だとされています。

ステロイド剤は症状の深刻さによって1~5段階の強さに分けられていて、脱毛後に使用する「リンデロン」や「デルモゾール」などは、一般的に人体に使用する「3」の段階の薬になります。


出典:男のヒゲ脱毛体験記

脱毛の後に塗る目的は炎症や色素沈着予防

では、なぜ脱毛後にステロイド剤を塗る必要があるのでしょうか?

それは、レーザー脱毛後のダメージを受けた肌を、炎症や色素沈着から守るためです。

医療機関でのレーザー脱毛は、エステサロンの光脱毛よりも効果が強いぶん、肌への刺激も大きくなります。

 

そのため、肌への摩擦や体温の上昇などのちょっとした事で肌が炎症を起こし、ひどくなると黒ずみなどの色素沈着が起こってしまう事も。

また、脱毛後は毛穴の奥にある毛包に細菌が入り込んで「毛嚢炎」という症状が起きることもあります。


出典:【画像】毛嚢炎(毛包炎)の原因と治し方、ニキビとの違いや効く市販薬について

そんなトラブルを防ぐために医療機関ではステロイド剤を処方するのです。

 

 

「ステロイド剤って怖いお薬」は間違い

ステロイド剤というと副作用の強い、怖い薬だというイメージを持つ人も多いようです。

しかし、説明書の注意事項を守って使えば、けっして危険な薬ではありません。

ここでは、ステロイド剤の安全性について解説します。

ステロイド剤は使い方を間違わなければ怖くない

ネットでは、ステロイド剤について恐怖心をあおるような記事も見られます。

よく言われる「肌が黒ずむ」「身体に異常が起きる」「使用を止めると副作用が出る」などのウワサは根拠の無いデマなので安心して下さい。

 

現在、薬局や医療機関で処方されるステロイド剤は、長年の臨床試験をくぐり抜けて来た安全性の高いものなので、正しい使い方をすれば問題ありません。

使わなかったり、使い方を間違えると酷くなるので注意

ただし、すでに脱毛により炎症などの皮膚トラブルなどが起きている場合、治りきる前にステロイド剤での治療を止めてしまうと、かえって症状が慢性化し完治するまでに時間がかかるので注意して下さい。

しっかりと完治するまで使用すれば、ステロイド剤はとても頼もしい薬です。

脱毛後の肌をトラブルから守るためにも、医師や看護婦の指示通りに、きちんと使用するようにして下さい。

 

 

ステロイド剤の正しい使い方

では、ステロイド剤はどんな使い方をすればいいのでしょうか?

塗るタイミングや量など、正しい使用法を詳しく見ていきましょう。

ステロイド剤の使い方

まず、ステロイド剤を使用する時は以下のことを守りましょう。

  1. 使用する回数は1日に2~3回が目安
  2. 肌が清潔な状態で使用する
  3. クリームなどの保湿剤の後に塗る
  4. 適量を守る

 

使用する回数は、始めは1日に2~3回をしっかり塗っていきましょう。

だんだんと症状が落ち着いて来たら徐々に減らしていって下さい。

この時注意したいのは、痒みや痛みなどが無くなっても、赤みやぶつぶつなどの症状があるうちは医師の指示を受けながら使用を継続して下さい。

ここで使用を止めるとぶり返すことになるので、完治するまで根気づよく使用しましょう。

 

そして、使用のタイミングはお風呂上がりなどの身体が清潔な時がベストですが、肌の火照りが治まるまで待つようにして下さい。

また、ボディクリームなどを塗る時は、ステロイド剤の後に塗るとクリームと一緒にステロイド剤が伸びて広がってしまうので、クリームを塗った後にステロイド剤を塗るようにしましょう。

 

もちろん適量を守る必要が大切ですが、飲み薬と違い適量が分かりにくいですね。

そこで、「ワンフィンガーチップユニット」という目安を覚えておいて下さい。

一般的に塗り薬は、人差し指のひと関節分に軟膏を繰り出すと(約0.5グラム)、それで両手のひら分の面積が塗れるといわれています。

実際にやってみると少し量が多くベタッとした感じになりますが、しっかり効果を出すために、これくらいの量を使用しましょう。


出典:アトピー治療 ステロイドって怖くないの?皮膚科の常識・非常識

以上がステロイド剤の基本的な使い方になりますが、疑問点がある時は必ず医師に相談するようにして下さいね。

 

 

こんな時には使用を中止し、医師に相談しよう

  • ステロイド剤の使用中、皮膚の異常などのトラブルが出た
  • 過去にステロイド剤を使用してトラブルがあった
  • 1週間以上使用しても効果が出ない。

 

皮膚のトラブルが起きた場合はもちろん、効果が出ない場合も医師に相談して下さい。

基本的にステロイド剤の効果は1週間以内で出ると言われています。

自己判断での長期継続はトラブルの原因になるので、必ず医師に相談して指示を受けるようにしましょう。

まとめ

レーザー脱毛後に渡されるステロイド剤は、肌の炎症や色素沈着などの皮膚トラブルを守る効果があります。

ステロイド剤というと副作用が強く、怖い薬だというイメージを持っている人もいますが、正しく使えば危険なものでは無いので、安心して使用して下さい。

ただし、使用していて皮膚に違和感を感じたり、トラブルの改善が見られない時は、使用を中止して必ず医師に相談しましょう。

 

医療機関でのレーザー脱毛は、サロンでの脱毛と違い医師に相談しながら脱毛を進められるというメリットもあります。

不安な時にしっかりと話を聞いてくれるクリニック選びをしましょう。
 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
makana

ご覧頂きありがとうございます。 
 
男の子の2児ママしてます(*´з`) 
長男♡3歳・次男♡1歳 

妊活・妊娠・産後・育児・美容・・・
ママ必見アイテムや話題の気になる商品など、オススメしていきます\(^o^)/

makanaをフォローする
スポンサーリンク
脱毛脱毛の知識
flaugh(フラウ)

コメント