光脱毛は目に危険?やってはいけない注意事項とトラブルの対処法

脱毛

脱毛サロンで受けられる光脱毛、痛みが少なくリーズナブルで、気軽に受けられるのが魅力ですね。

でも「あの光って目に入ったらどうなるの?」なんて思ったことはありませんか?

 

もちろんサロンでは細心の注意を払いながら施術をしていますが、100%安全という訳ではありません。

知らずにトラブルを起こしてしまう前に、やってはいけない注意事項を抑えておきましょう。

 

この記事では、脱毛に使われる光の身体や目への影響、そして注意事項とトラブルの対処法について解説します。

 

 

光脱毛の目に影響の少ない可視光

光脱毛で使用される光は「可視光」といい、本来は人体にとても影響の少ないものです。

では、この可視光とは一体どんな光なのでしょう?

ここでは、可視光の特性や安全性について詳しく解説します。

可視光とは

可視光とは電磁波の中でも目に見える光のことを言い、太陽の光や部屋の照明の光もこれにあたります。

「脱毛に使われるくらいなんだから凄く強い光なんじゃないの?」と思われがちですが、実は私たちが普段あびている紫外線の方がエネルギーが強いくらいなのです。

 

光について少し詳しく解説すると、波長が短いものほどエネルギーが強く、人体にも影響がでます。

出典:こわいのはどっち!?紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)

 

上のイラストでは、左に行くほど人体に影響が出やすく、右に行くほど影響が出にくいと言えます。

つまり、ガンマ線(放射線)やレントゲンに使われるX線はエネルギーが強く、人体にも害が強いことが分かりますね。

一方、可視光・赤外線などの光は 紫外線よりもマイルドで、人体への害が少ない光だと言えます。

 

それどころか、適度な可視光を浴びることで美肌効果が認められているんです。

これは、可視光が真皮層にある繊維芽細胞を刺激することで、肌にうるおいを与えるコラーゲンやエラスチンの生成を促進させるためだと言われています。

  • 肌にツヤとハリを与える
  • 肌のキメを整える
  • 肌のターンオーバーを整える

 

このような、嬉しい美肌効果が期待できます。

光脱毛をしたあとに、何だか肌がつるつるになっているのは可視光のお陰だったんですね。

 

ちなみに、妊娠中の光脱毛はNGですが、これは身体に害があるからではなく、ホルモンバランスが崩れて痛みを感じたり、脱毛効果が薄れるためです。

そして施術中の目への影響も気になりますが、サロンでは光から目を守るために必ずゴーグルを付けています。

その上から光を感じる程度では、特に問題ありませんので安心して下さい。

 

 

黒いものに反応するようにできているので注意は必要

可視光の安全性についてお話しましたが、注意が必要なのは、可視光は黒いもの(メラニン色素)に作用するということです。

その特性を生かして脱毛機器に使用されている訳ですが、可視光を直視してしまうと目のメラニン色素に反応して、視力低下などのトラブルが起こる可能性があります。

近くで凝視すると網膜が焼けてしまう


出典:脱毛の光は安全!? メンズ脱毛の疑問

脱毛の最中に漏れた光を見てしまった程度では心配ありませんが、顔や目元の脱毛の際に、目に当てられた光を凝視してしまうと網膜が焼けて失明することもあります。

私たち日本人の目は色が黒く、メラニン色素が密集しているので特に注意が必要です。

 

脱毛中は目を守るためにゴーグルをつけているため、こういった事故はまずあり得ませんが、施術中にゴーグルがズレてしまった時はすぐにスタッフに伝えるようにしましょう。

またサロンの中ではゴーグルではなくガーゼやタオルで目を保護する場合もありますが、もしその上から強い光を感じる、目が痛いなどの異変を感じた時は、我慢せずに中断することも大切です。
不安を感じていることを伝えれば、サングラスでの保護に変更してくれるクリニックもあります。

 

大きなトラブルを防ぐためにも、しっかりコミュニケーションを取ってくれるスタッフがいるサロンを選ぶようにしましょう。

まぶたの上からも危険!眉下の脱毛は気をつけよう

眉下のムダ毛、脱毛でキレイになったらお手入れの手間が減って快適ですよね。

でも、安全面でのリスクを考えてほとんどのサロンでは眉下の光脱毛はできません。

まぶたの皮膚はとても薄いため、光がまぶたや角膜・水晶体を通過し、網膜を焼いてしまう危険性があります。

 

「眉の下からまぶたの上の部分にだけ上手く光を当てて欲しい」という要望も多いようですが、光脱毛は1回の照射範囲が広いため、高い技術を持ったスタッフがいるクリニックでも眉下の脱毛は受け付けていないことがあります。

同じことが家庭用の脱毛器でも言えるので、サロンでやってくれないからと言って、自分で照射することは絶対に止めてください。

たとえ目に光を入れずに脱毛出来たとしても、デリケートなまぶたの皮膚が腫れて視界に影響が出ることもあります。

 

安全に眉下を脱毛したいという場合は毛根に直接針をさして脱毛する、針脱毛(ニードル脱毛)がオススメです。

時間はかかりますが、眉下の細い産毛を確実に脱毛でき、安全性も高い方法になります。


出典:眉毛脱毛(眉下脱毛)する前に知っておくべきこと!

 

 

光を強く浴びてしまった時の対処法

めったに無いことですが、もし万が一目に光を強く浴びてしまった場合、どうすればいいのでしょうか?
パニックにならない為の対処法を見て行きましょう。

目を冷やそう(目薬、アイスノンなど)

光を見てしまったあと目に違和感を感じた時は、取り急ぎアイスノンで冷やし、しみない目薬をさして応急処置をしましょう。

もし網膜に傷がついた場合、このような症状がでますので注意してください。

    • 頭痛
    • 視力の低下
    • 視野の異常
    • 斜視

心配な場合は眼科へ行こう

応急処置をしても違和感が続くときは必ず眼科で診察を受けましょう。

自己判断で放置すると手術が必要になったり、失明することもあります。

早めの処置で悪化を防ぐことができますので、ちょっとした違和感でも医師に見てもらうようにして下さいね。

 

おわりに

光脱毛に使われている可視光は、本来ならとても安全な光です。

ただし、可視光はメラニン色素に反応するため、直接目に当てられた光を凝視してしまうと、視力の低下や最悪失明する危険性があります。
また、可視光はまぶたを通り抜けることがあるため、眉下の光脱毛はくれぐれも注意して下さいね。

そして万が一、光を直視して目を痛めてしまった場合は、放置せず眼科の診察を受けて下さい。

注意事項をしっかり守って、安心・安全に光脱毛を受けるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
makana

ご覧頂きありがとうございます。 
 
男の子の2児ママしてます(*´з`) 
長男♡3歳・次男♡1歳 

妊活・妊娠・産後・育児・美容・・・
ママ必見アイテムや話題の気になる商品など、オススメしていきます\(^o^)/

makanaをフォローする
スポンサーリンク
脱毛脱毛の知識
flaugh(フラウ)

コメント