鼻毛は入り口付近なら脱毛できる|セルフケアの危険な落とし穴

脱毛

どんなに素敵な人でも鼻毛が出ていたらショックですね。
自分に置き換えても顔から火が出そう・・・。

気付かない内に伸びて人目に触れる前に、いっそ脱毛出来たら安心ですが、顔の脱毛メニューの中で鼻の中までの記載は見当たりません。

「鼻毛の処理は脱毛では無理なのでしょうか?」

「一体みんなはどう処理しているの?」

鼻毛は意外にもクリニックで完全脱毛が可能です。
正しい鼻毛の脱毛法とセルフケアの危険性をご紹介しましょう。

 

 

鼻毛の脱毛は医療脱毛で


出典:レーヌ

鼻毛のお手入れは鼻毛カッターやハサミでカットする方法が主流でしたが、最近ではブラジリアンワックスを使っている人も増えています。

バラエティ番組で、ちょっとした罰ゲームのような扱いで使われているのを目にしたこともありますね。

痛みはともかく、ごっそり取れる効果は絶大でしょう。
ただどうしてもセルフケアでは強烈な痛みと、それ以上に鼻の内部を傷つけるリスクがあります。

安全に処理するなら医療脱毛がおすすめです。

「鼻毛もクリニックで脱毛できるの?」

まずそこに驚く人も多いですが、知る人ぞ知るメリットの多い鼻毛脱毛の利用価値は高いですよ。

 

鼻毛の脱毛は入り口付近のみ可能

鼻毛の脱毛は出力の高いクリニックのレーザー脱毛が受けられます。
通い続けて処理をすれば、その効果は永久ですからもう鼻毛に悩まされることもなくなりますね。

鼻毛は脱毛機が当てられる入り口付近のみの施術になります。
外部からのホコリやゴミを体内に吸い込まないためのフィルターの役割を担っていますから、処理しすぎも悪影響になります。

どこのクリニックでも健康上の理由から、鼻から伸びてはみ出て見える手前部分だけの脱毛が可能となります。

 

鼻毛の脱毛は専用の照射ヘッドが必要

鼻毛の脱毛は限られたクリニックのみで施術が受けられます。
なぜなら小さな鼻の穴に挿し込める機器は特殊で、通常よりもずっと小さなヘッドを取り付ける必要があります。

また鼻には粘膜も存在しますから、熱を使う脱毛は火傷のリスクも否定できません

それでも一部のクリニックでは鼻専用の小さな照射ヘッドで施術をしてくれます。
安全性に配慮して鼻の入り口付近のみとなりますが、鼻毛に悩んでいる人にとっては有り難いですね。


出典:聖心美容クリニック

 

鼻毛の脱毛ができるクリニック

鼻毛の脱毛はトラブルになるリスクが高いため、メニューにすらないクリニックも多い中、一部クリニックでは安全性が確認された脱毛機に専用ヘッドを取り付けて照射してもらえます。

鼻毛脱毛が可能なおすすめのクリニックをご紹介しましょう。

 

クリニック料金
リゼクリニック【5回コース】29,800円(税込み)
聖心美容クリニック【5回】34,560円(税込み)
新宿ラクル美容外科クリニック
(新宿院のみ)
【6回】36,250円(税別)
※別途剃毛代1,000円(税別)

 

鼻毛の脱毛はあまり大々的なアピールを見かけませんが、聖心美容クリニックでは蓄熱式最新マシンのソプラノアイス・プラチナムを備えているためか、自信を持って推奨しています。

高い技術も必要なだけに、しっかりとした対応をしてくれるクリニックを見極めたいですね。

 

鼻毛と一緒に顔脱毛もおすすめですよ。
こちらの記事も参考にしてください。
関連記事顔脱毛で毛穴が無くなり肌が綺麗になる!美肌効果と回数のまとめ

 

 

鼻毛の脱毛を自分でするのは危険

クリニックで脱毛するのが1番安全で確実ですが、近くに取り扱っているクリニックがなかったり、時間や金銭的な問題で通えない場合もあるでしょう。

そうなるとセルフケアで対処するしかありませんが、脱毛機を用いてもリスクが高い鼻の中は下手なお手入れをすればトラブルは避けられません。

鼻毛は重要な役割を果たしていますので、必要な毛まで脱毛してしまうことのリスクも確認しておきましょう。

 

鼻毛を処理しすぎるとフィルター機能がなくなる

鼻毛はホコリやゴミはもちろん目に見えない細菌の侵入も防いでくれています
脱毛しすぎると、途端にくしゃみや鼻水が増えるかもしれません。
それだけ外からの刺激を感知していると言えますね。

フィルターの役割を持つ鼻毛を処理しすぎれば、風邪を引きやすくなったり、アレルギー性鼻炎を発症したりといったリスクがあります。

自分で処理する場合はあまり頻繁にはしないようにしましょう。

 

鼻の奥を傷つけて感染症を起こすと危険

見える鼻毛を毛抜きなどで引き抜いてしまう人もいますが、これは絶対に止めましょう
鼻の内側は粘膜ですから、無理に抜くと傷がつき雑菌が入ればすぐに炎症を起こしてしまいます

外から入る様々な細菌は鼻毛と粘膜で防御されていますから、そこに傷があれば少なからずトラブルに見舞われます。

脳に近い鼻のトラブルは思いがけない事態にまで発展してしまう可能性がありますから、十分な注意が必要です。

 

鼻毛ワックスはそもそも脱毛ではない


出典:マイナビニュース

鼻毛専用のキットも販売されるほど、ポピュラーになりつつある鼻毛ワックスですが、これも原理としては毛抜きと同様で鼻毛を抜いて処理するものです。
粘膜に傷がつくリスクも高く、その後のトラブルも予測できますね。

ワックスでは完全な脱毛はできませんから、また2週間程度で毛が生え始ます
あまり頻繁に処理をするのは危険ですから、1ヶ月程度の間隔を開ける必要があります。

ブラジリアンワックス専用サロンでも施術が受けられますが、やはり鼻毛を扱うサロンはそう多くはありません。
一気にごっそり抜ける分、ハイリスクであることは承知しておきましょう。


 

まとめ

鼻毛は伸びるとはみ出てくるし、ただ厄介なムダ毛という印象ですが、呼吸する際に大切な役割があります。

それでも伸びた鼻毛はエチケットに反しますから、適切に処理したいですね。
鼻毛カッターで定期的に短くするのも方法のひとつですが、うっかり処理をし忘れてしまったら元も子もありません。

鼻毛の心配から解放されるなら、やっぱりレーザー脱毛が確実でしょう。
リスクもしっかり理解した上で信頼できるクリニックを見つけたいですね。

 

ヒゲが心配な方にはこちらの記事もおすすめです。
関連記事女性の髭の剃り忘れは悲劇的|気になる産毛女子の正しい処理と対処法

 

 

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
utahako

小学生と幼稚園児がいる主婦です。 
家族も認めるズボラで面倒臭がり・・・(#^.^#) 
そんな私の目線から日々の生活に役立つ情報を綴ります。 
毎日の楽しいことや面白いことを共有しましょう♪ 
面倒なことも楽しくできたら充実度が違うはず。 
そう自分に言い聞かせながらゆるく活動しています。 
少しでもお役に立てたら嬉しいです。 

utahakoをフォローする
スポンサーリンク
脱毛部位から選ぶ
flaugh(フラウ)

コメント