出産報告は誰にどんな方法でする?場合によってはLINEやSNSで一斉報告も

妊娠&出産

10ヶ月間、お腹の中で大切に育ててきた赤ちゃん。

陣痛を迎え出産する瞬間には、授かるまで時間がかかったこと、健診で先生から注意を受けたことなど、様々な思いが頭を駆け巡ります。

無事に生めた感動が強ければ強い程、楽しみにしてくれていた親や友人達へ、一刻も早く報告したいものです。

また、育休、産休を頂いているママは、職場への報告も欠かせません。

しかしいざ報告の文面を作るときは、特に仕事関係の人には失礼のないようにする配慮が必要です。

ここでは、出産報告の方法や順序、慎重になるべき点についてまとめてみました。

 

 

出産報告の方法は相手によって変えるべき

つらい陣痛の後、待ちに待った待望の赤ちゃんとの対面。

「みなさんのおかげで、無事に出産することが出来ました!」
と、全世界の人に叫びたいくらいの感動を覚えたママも多いはず。

しかし周りへの素早い報告も大切ですが、出産で疲れた体を休めることも必要です。

妊娠から今まで支えてくれた周りの人たちも、産後すぐに無理してまでの報告は望んでいないはずです。

旦那さんとゆっくり誕生の感動を分かち合いながら、出産報告についてどうするかを話し合うのも良いでしょう

出産報告を写真付きのハガキで手作りしたい場合は、以下のようなテンプレート素材のお店もあります。


出典:出産報告はがき

 

出産報告をするべき人を事前にリストアップする

安産などで早ければ出産から数時間後には、赤ちゃんのお世話が始まります。

3時間おきの授乳やおむつ交換など、出産のダメージと慣れない作業でママの心身はくたくたになってしまいます。

なるべく産前の余裕があるときに、出産報告するべき人を、旦那さんとリストアップしておきましょう

妊娠報告をした人に限らず、仕事で今後も付き合いのある人や、出産を機に旧友にも連絡したいと思うかもしれません。

また、リストを作っておくと、出産祝いを頂いた時の整理もできます
「誰にいくら、いつ頃、何を頂いたか」
という管理は大切です。

お返しは地域ごと、親類などで額が決まっていたりするので、両親に相談してからが良いでしょう。

 

報告は基本的に「電話」で

出産で消耗した体力は、交通事故に遭い全身にダメージを受けた時ほどと言われています。

大きなストレスを受けるため、ママの脳内では痛みを鎮めようと、β-エンドルフィンというホルモンが分泌されます。

このホルモンは、ほろ酔いしたときのような気分、陶酔感(とうすいかん)ももたらします。

また、出産直後には幸福を感じるホルモン、オキシトシンも大量に分泌されます。

「産後ハイ」と呼ばれるのは、β-エンドルフィンやオキシトシンが過剰すぎて、いわば浮かれすぎて周りが見えなくなる、躁(そう)状態になるためです

このせいで気分を害する人もいるので、落ち着いて相手の状況を考えられるようになってから報告したほうが良いかもしれません。

 
『出産を終えた友人のお見舞いに行った際、産後ハイな友人は、まだ結婚していない友人や不妊治療中の友人にも「早く赤ちゃんうみなよ〜」とお花畑トークしてた。出産を終えると、相手の気持ちや立場を考慮することもできなくなるのだろうか』
 
引用:産褥期なのに動きたい! “産後ハイ”をご存じでしょうか?

産後すぐに出産報告したいものですが、病院では携帯の通話機能が使える場所が限られているものです。

そのためメールで手早く、浮かれたまま報告してしまいがちですが、基本的には電話のほうが良いでしょう。

メールでは文面しか伝わらないため、色々な意味に解釈されがちです

「お陰様で無事生まれました」
という文面だけでは、堅苦しく殺風景に見えないでしょうか。

親しい間柄であるほど、幸せな気分のおすそ分けも喜んで受けてくれるものです。

また、おじいちゃんやおばあちゃん世代ではメールが使えない人も多く、使えても
お礼や報告は電話で報告しないと、相手に失礼
と考えている可能性があります。

母子ともに元気かどうかも気にしてくれているので、こちらの声の調子から察してもらうためにも、電話できる場合は電話で感動を分かち合いましょう。

 

 

出産報告をする順序とは

産後、誰に一番早く、我が子が生まれたことを知らせたいでしょうか。

両親や兄弟という人が大多数と思いますが、
一緒に不妊治療を頑張ってきた友達に真っ先に知らせたい
という人もいるかもしれません。

また、産後の職場復帰の段取りを考え、報告に気をつかう職場に先に済ませておきたいかもしれません。

ですが報告の順番はよく考えないと、あとあと面倒なことになりがちです

 

両家の親や兄弟にはすぐに連絡

仕事の精進の報告などはともかく、出産ともなると、先祖から自分が生まれるまで、血のつながりが途切れずあってこそできたことです。

普段から気軽にLINEなどをしている友人に、つい癖で
「無事生まれたよ~」
などと、写真やスタンプ付きで送ってしまうのは禁物です。

人生の一大イベントの報告としては、フランクすぎるかもしれません。

やはりまずは、生んでくれた両親に報告するのが無難でしょう

その後に兄弟など、赤ちゃんから見ても親戚になる人たちを優先して報告するべきです。

親戚や親兄弟と折り合いが悪いママもいますが、赤ちゃんが今後何かとお世話になるかもしれないので、ここは親として割り切るべきかもしれません。

出産報告の順序は、親であろうと気にする人は気にします

特に幼馴染など、両親が友人のことも知っていて、何かのはずみで友人から両親に出産したことが知らされると、気分が良くないはずです。

今後の付き合いにも差支えが出かねないので、知らせる順番はおかしくないか、旦那さんや上司に相談してからのほうが良いかもしれません。

 

夫や自分の勤務先にもなるべく早く報告

夫の勤務先にも、なるべく早い出産の報告は不可欠です。

産後、新生児期の子供は体調を崩しやすいものです。
医療機関にかかるとき、子供の保険証を作っておく必要があります

保険証を作るには、夫が加入している保険の種類によっては、会社から保険機関に申請してもらわなければいけません。

都道府県によってはそれ以外にも、親たちの負担を軽くしてくれる子供医療費助成制度があります

これらを利用するためにも、夫の会社や自分の勤務先に早めに報告すべきです。

それ以外にも、以下のような理由で会社も報告を待っているものです。

  • 育休や産休をとっていた場合、復帰の時期を相談したい
  • 祝い金などの手続きがあり、子供の名前を知らせて欲しい

 
勤務先での付き合いだからこそ、礼儀は大切です。

電話で報告も良いですが、以下のような文例を参考にすると、報告と同時に妊娠中のサポートへの感謝もさりげなく伝えられます。

 
「ご無沙汰しております。○○です。出産、育児休暇では皆様には、いろいろとご迷惑をおかけしましたが、おかげさまで○月○日に元気な男の子(女の子)を出産することができました。しばらくはご迷惑をおかけいたしますが、これからもどうぞよろしくお願いします。」
 
引用:職場に対する文例

職場へはあくまで手短に伝えることです。

復帰の時期などの希望を伝えるのは、出産報告を受けて職場の意向を聞いてからが良いでしょう。

 

遠い親類には親から報告してもらっても良い

出産を機に、知らせる人のリストアップをすることで、親類が意外と多いことを知ることがあります。

あまり親しくない友人やほとんど付き合いのない親類には、急いで報告しなくてよいかもしれません。

むしろ、
最近ほとんど付き合いがないのに、こんな時だけ連絡がきた
と、出産祝いの催促をしているととられかねません。

遠い親類には出産からしばらく時間をおいて、親から報告してもらうことにし、その後のことは親同士で決めてもらうのが無難でしょう。

疎遠な友人には、年賀状で近況報告を兼ねて知らせるのが、不自然ではないかもしれません。

 

 

意外と難しいのが親友や友人への報告方法

最近はSNSの普及で、親友や友人というくくりも複雑になってきました。

学生時代からの親友ではあるけど、育児で忙しく最近連絡を取れていない友人。

昔はそこまで親しくなかったけど、Facebookでつながってから、妊娠中ずっと励ましてくれた友人。

ある友人に報告すると、
〇〇ちゃんが無事出産したって!
などとSNSで報告され、また別の機会に知らせようと思ってた友人がそこで知る、などのややこしいことも起こるようになっています。

 

LINEやSNSでの一斉報告も可

友人が多い場合、
「誰に送るのか、誰から送るのか」
など、考えても答えが出ないものです。

以下のように、親しい友人には個別でLINE、それ以外は一斉報告したという体験談もあります。

 
親しい友達には個別にLINEで連絡し、それ以外の方にはグループLINEで一斉報告をしました。(中略)
嬉しかったことは、LINEで報告後、落ち着いた頃に電話をかけてきてかけてきてくれて、直接「おめでとう!お疲れさま」と言ってくれた友達がいたことです。
 
引用:出産報告はいつ?どうやって?先輩ママ10人の出産報告の注意点

LINEやSNSで一斉報告する際は、普段はくだけたやりとりをしていても、簡潔に「です・ます調」が良いでしょう

多くの友人の中には、不妊治療中や婚活中の人もいます

赤ちゃんの写真を添付したり、幸せ全開の報告をするのは、ごく親しい友人に個別で行うのが無難です。

以下のように、SNSでつながりが広い場合、最近は動画で家族が増えたことを報告するママもいるようです。

 

ごく親しい友人には個別で報告すべし

ごく親しい友人には、SNSなどで拡散されることを見越して、
無事出産できたけど、また改めて連絡するね
と、メールや電話で報告しておいた方が良いでしょう。

親しい友人への報告でも、くだけた文面よりも以下のような、必要事項をきちんと入れたものが良いでしょう。

  • 生まれた月日
  • 性別
  • 何グラムで生まれたか

 
上記を踏まえた文面例は、以下のようになります。

 
(平成〇〇年)〇月〇日に、体重〇〇グラムの元気な男(女)の子を出産しました!名前は〇〇です。退院後落ち着いたら、顔を見に遊びにきてね。
 
引用:友人への出産報告メール

 

妊娠自体を知らせていない人にはハガキで報告

妊娠の報告をしていない人に出産報告をすると、
妊娠したことも言ってくれてないのに、今更なぜ?出産祝い狙い?
ととられかねません。

また、妊娠を知らせていても、疎遠になっていたり相手が結婚しているかどうかなどをよく考えないと、以下の体験談のように悩ませてしまいます。

 
以前は仲が良かったんですが、疎遠になっていた元友人から、妊娠、出産報告を受けました。

年賀状に出産したら遊びに来てとコメントがあり、返事は出しませんでした。出産後のメールでも遊びに来てと書いてありました。
手ぶらで行けるわけもないし、祝いたい気持ちもありません。人によると思いますが、これはお祝いの催促なんでしょうか?
以前よく会っていた時入院、手術を私がした時お見舞いもありませんでした。
私は結婚、出産はまだです。今後そのような機会があってもこの友人には、報告しないと思います。
 
引用:出産祝いの催促?

「せっかく出産して報告までしたのに喜んでくれず、催促ととらえるなんて、心が狭すぎる」
と感じるのは、産後ハイになっているからかもしれません

何年も不妊に悩んでいたりと、相手にも人に言わないだけで様々な考えや事情があります。

報告に悩むような間柄では、年賀状やハガキで、以下のようなテンプレートを活用すると便利です。

 
謹んで新年のお慶びを申し上げます。昨年〇月〇日に、我が家に新しい家族が加わり、楽しく賑やかな新年を迎えております。お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
 
引用:年賀状・はがき

メールで気軽に連絡できる今、ハガキでの報告は切手を購入して貼ったりと、手間がかかるものです。

疎遠になっていて報告をどうとられるかわからない人も、礼儀をふまえて手間をかけたことで、「義理を大切にしてくれている」ととらえられるでしょう。

 

まとめ

出産は喜ばしいことですが、報告は相手への配慮も必要です。

誰もがSNSをしていて、叔父や叔母などとも手軽にやりとりできるようになっても、礼儀は変わらず存在します。

特に産後すぐだと赤ちゃんが可愛いあまり、誰もがわがことのように喜んでくれると思いがちです。

赤ちゃんと出会うまで時間がかかったママほど、喜んであげたくても素直にできない気持ちもわかるはず

早く知らせたい気持ちをおさえ少し落ち着いてから、周りの気持ちも想像して報告すると、なお一層喜んでもらえるでしょう。

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
スポンサーリンク
妊娠&出産妊娠&育児
flaugh(フラウ)

コメント