経産婦では無痛分娩時により痛みが少ない!?無痛分娩のメリットと心配なこと

妊娠&出産

「一人目を出産したときの痛みを思うと、怖くて二人目になかなか踏み切れない」女性なら誰もが、出産の痛みは親や親戚から伝え聞かされているものです。

 

なかでも経産婦は、一度身をもってお産の痛みを経験しているからこそ、再び出産することに恐怖心を抱く傾向があります

初産婦に比べて経産婦は、産道が一度開いていることもあり、分娩時間が短くなり安産になりやすいと言われています。

 

しかし陣痛や出産時の痛みは人それぞれです

陣痛による痛みは「鼻からスイカを出す痛み」とも表現されるほど強烈で、医学が進歩した現代でも数%の確率ですが、ショックなどで命を落とす人もます。

 

陣痛から分娩までの痛みを和らげる【無痛分娩】は、フランスやアメリカなどでは全出産の6割ほどまで普及していますが、日本では「お腹を痛めて産んでこそ、我が子に愛情が抱ける」という考えがまだまだ根強く、その普及率はわずか5%ほどです。

 

水中分娩など分娩のストレスを緩和する様々なスタイルが登場するにつれ、無痛分娩を選択する人も増えてきました。

ここでは、特に経産婦の無痛分娩に焦点を当て、そのメリットとデメリットを検証してみました。

 

 

経産婦の無痛分娩はメリットがたくさんある

無痛分娩とは、下半身だけに部分麻酔を施し、意識はある状態で陣痛の痛みを和らげて分娩する方法です。

完全に痛みを無くせるわけではないことから、病院により和通分娩と呼ぶところもありますが、ほぼ同じ意味です。

 

痛みに対する耐性は人それぞれです。

出産に対する恐怖心を軽くすることでお産を前向きに考えることが出来たりと、無痛分娩には様々なメリットがあります。

 

産後の回復が早い

以下の体験談にあるように、無痛分娩では産後の回復が早いといわれています。

1人目を出産した時、長時間の陣痛で体力を奪われ、赤ちゃんがなかなか出てこなくて吸引分娩となり、産後の回復が遅くて大変な思いをしたので、2人目は無痛分娩を行っている病院にしようと決めていました。
無痛分娩と言っても、陣痛の痛みも弱いながら感じました。出産の時は確かに痛みが軽減され、呼吸もしやすかったので1人目を産んだ時よりも疲労感が少なかったです。
1人目を出産した後はフラフラで歩けませんでしたが、2人目を無痛分娩で産んだ後はすぐに食事を取ることができました。
引用:無痛分娩は産後の回復が早いです

一般に初産では陣痛開始から分娩終了まで約15時間、経産婦でも8時間程度かかるといわれています。

出産に際し長時間、人によっては何日も陣痛に耐え続けたりいきみ続けるのは、体力をかなり消耗します。

 

お産には富士山に登るほどの体力が必要」とも例えられるように、疲労により産後の肥立ち(ひだち:回復の意味)が良くない場合は入院が必要となります。

 

その点、無痛分娩では麻酔で痛みが緩和されるため、分娩時の疲労が軽く済み、高齢出産などで「産後すぐに始まるハードな育児のために、体力を温存したい」という人にもメリットがあります。

 

計画分娩が可能

無痛分娩には「自然に陣痛が来てから麻酔を施し分娩を開始する方法」と、「あらかじめ分娩日時を決めて陣痛誘発剤などを使って行う計画分娩」の二種類があります。

 

後者の計画分娩を選択する人が多く、夫や子供の仕事や学校の都合に合わせて立ち合ってもらうことができ、家族で出産の感動を分かち合えるメリットがあります

 

また、経産婦の場合「上の子にも出産に立ち会ってほしいけど、髪を振り乱して苦しむ姿を見せたくない」と、親心から願う人もいます。

 

そうした際にも無痛分娩であれば、土曜日で翌日が休みなど、子供が精神的に余裕をもてる日を選べて、「出産とは、痛くて怖いもの」という恐怖心を植え付けることなく、兄弟が産まれる瞬間に立ち会うことができます。

 

陣痛時の痛みが少ない

陣痛の痛みが少なく、落ち着いて分娩にのぞめるのは嬉しい方法ですよね。

自然分娩なら髪を振り乱して痛みに叫ぶ出産直前の子宮口全開のタイミングでも、無痛分娩なら撮影者である夫と会話して笑えるほどの余裕さえも見られます。

 

動画以外にも以下の無痛分娩体験談のように、「余裕をもって出産の喜びを味わえた」と喜ぶ声が多いです。

母体と赤ちゃんの負担が少なくて済むと主治医から勧められ、無痛分娩に切り替えました。でも、赤ちゃんが産道を降りてくる感触や、いきむ感覚は感じられる程度の感覚を残してもらっての麻酔だったのでちゃんと自分で産んだんだという感動を味わうことができました。出産後も麻酔で後産や縫合の痛みを感じることがなかったので、冷静に産まれたばかりの我が子を見ることができ、とてもよかったと思います。

海里のママさん[福岡県]
引用:先輩ママの無痛分娩に関する体験談

 

 

経産婦ゆえに無痛分娩で心配なこと

「無痛」という文字から、無痛分娩は「全く痛みがない」と誤解されがちですが、あくまでも痛みが緩和されるだけで痛みは伴います

 

それでも最近では無痛分娩を選択する妊婦は増え続けています。

 

特に経産婦では、「上の子の幼稚園の送り迎えがあるから、産後ゆっくりしている暇がない」など、核家族化や働く女性が増えた背景もあり、産後の回復が早い無痛分娩が人気なようです。

 

それに比例して、麻酔時の医療ミスやリスクに注目が集まっています

安全性に心配の声があがっていますが、実際のところどのようなリスクがあるのでしょうか。

 

上手にいきめるかどうか

無痛分娩とはいえ、何もせず自然に赤ちゃんが生まれてくるわけではなく、出産時にいきむことは必要です。

つまり、痛みがある程度緩和されるだけで、通常のお産とその経過はほぼ同じです。

 

部分麻酔なので出産直後に赤ちゃんを抱き、出産の感動を味わうこともできます。

無痛分娩で使われる麻酔には以下の二種類があり、その利き方にも個人差があります。

  • 点滴麻酔
    →硬膜外麻酔と比べると鎮痛作用が低い。
    静脈から麻酔薬を点滴で入れる方法で、事前の処置が簡単で痛みが少ないというメリットがある。
    赤ちゃんが生まれるまで意識がはっきりしている。
  • 硬膜外麻酔(こうまくがいますい)
    →痛みの緩和作用が強い。
    背中の脊椎に近い場所にチューブを通し、麻酔薬を注入する際に痛みを伴う場合がある。
    麻酔から覚めた時に眠気を伴う時がある。

硬膜外麻酔は以下の画像にあるように、痛みの緩和作用が強い麻酔です。

出典:硬膜外鎮痛法の特徴

麻酔効果が強いために陣痛も感じにくくなり、「陣痛に合わせて、上手にいきむタイミングがつかみにくい」というデメリットの声もあります。

 

麻酔が切れた時の痛みが怖い

無痛分娩による事故で一番多いのが、硬膜外麻酔時の医療ミスと言われています。

経験豊富な医師がいるか、自分が担当医を信頼できるかどうかを事前に確認しておくと良いでしょう。

 

また、分娩の途中で陣痛が弱まったりすると、急きょ普通分娩に切り替わることがあります

緊急で帝王切開や吸引が必要になることもあり、母子の安全のために麻酔を中止した際、麻酔が切れたときの痛みが人によって激しいケースもあります

 

「麻酔薬の注射を受ける際、背中を丸めて長時間動いてはいけなくて、その姿勢が痛かった」という声もあります。

 

普通分娩より時間がかかりそう

無痛分娩では、以下の理由から自然分娩より時間がかかる傾向にあります。

無痛分娩では、自然分娩よりお産の時間が長引いてしまう事が多いようです。
その理由は、麻酔が効きすぎてしまって、運動神経にまで麻痺を起こし子宮収縮が上手く働かない為に陣痛が弱くなり微弱陣痛になってしまうからです。
引用:無痛分娩での所要時間は?

陣痛は赤ちゃんが子宮から出てこようとし、その押し出す力が子宮収縮を促すことで引き起こされます。

陣痛開始から出てくるまでの時間が長引くと、赤ちゃんが酸欠状態となる恐れがあります

 

この場合、鉗子(かんし)分娩や吸引分娩となる場合があり、産後の回復が早いというメリットが失われるおそれがあります。

 

また、陣痛の波を自覚するのが難しく、タイミングよくいきめないことも、分娩に時間がかかってしまう要因です。

それ以外にも以下のようなデメリットがあるかどうか、事前に病院に確認しておいた方が良いでしょう。

  • 普通分娩に比べて5~10万円ほど高額で、麻酔を足す際には追加料金がかかる場合がある
  • 病院によっては無痛分娩を取り扱っていないところもある
  • 無痛とはいえ、人により麻酔の利きが様々で、痛みを伴う場合もある

まとめ

出産時の痛みへの恐怖心が強く、無痛分娩を選択したくても、「産む苦しみを感じなければ、我が子に愛情を抱けないのでは?」と心配する女性もいます。

 

また、無痛分娩による事故などのリスクを心配する親や周囲から「子供の安全よりも、<我が身可愛さを優先し、痛みから逃げた」などととらえられることもあります。

 

普通分娩にも無痛分娩にもリスクがあり、どんなお産でも命がけなことに変わりはありません。

忍耐を尊ぶ日本でも、自分のスタイルに合ったお産を堂々と選べるよう、無痛分娩のメリットとデメリットも冷静に話し合えるようになると良いですね。

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
スポンサーリンク
妊娠&出産妊娠&育児産後の母体ケア
flaugh(フラウ)

コメント