産前産後の哺乳瓶は何本用意する?必要本数は授乳スタイル次第

妊娠&育児

初めてのお産は、分からないことだらけ。

出産前には赤ちゃんの服やオムツ、タオルなど多くの育児用品を揃えておきたいというママも多くいるものの、一体何をどのくらい準備すべきか悩みますよね。

 

その中でも、とりわけ「哺乳瓶」はどんなタイプを何本くらい用意しておくべきか、想像がつきにくいものです。

出産準備の段階では、哺乳瓶をまず1本用意しておき、2本目以降が必要になるかどうかは、産後の授乳スタイルが定まってから決める事がベストな方法です。

 

赤ちゃんにおっぱいだけを与えて育てる「完全母乳育児(=完母)」、母乳とミルクの両方を与える「混合育児」、またはミルクだけを与える「完全ミルク育児(=完ミ)」と、自分がどの授乳スタイルに当てはまるのかによって哺乳瓶の必要本数が変わってくるからです。

 

この記事では、それぞれの授乳スタイルの哺乳瓶の必要本数や、容量・材質など哺乳瓶の選び方のコツなどを紹介していきます。

 

哺乳瓶が何本必要かは授乳スタイルが定まってから決める

出産準備の段階でまず1本用意する

授乳スタイルによって哺乳瓶の必要本数が決まるとお話ししましたが、授乳スタイルは赤ちゃんが産まれてからしばらくしないと明確に定まりません。

 

「用意しておいたのに使わなかった」という事がないよう、出産前は最低限の準備として哺乳瓶1本だけを用意しておき、必要性を感じ始めてから買い足すようにするとムダ省けますよ。

 

完全母乳育児でいけそうならそれ以上は不要

産後完母にする予定であれば、基本的に出産前に用意する1本の哺乳瓶以外必要はありません。

出産後の母乳の出具合をみてから、追加で哺乳瓶を購入するかどうか検討するようにしましょう。

 

ただし、産院によっても方針が違うので、もし粉ミルクを推奨しているのであれば、哺乳瓶を用意するよう指示がある場合もあります。

 

母乳育児でも手元に1本あると便利

母乳育児をメインにしていきたい場合でも、手元に哺乳瓶が1本あるだけで、以下のような理由で母乳があげられない時に役立ちます。

 

母乳以外の飲み物を与える時

産院や助産師によっても考え方は違いますが、お風呂上りに白湯を飲ませたり、赤ちゃんに果汁を飲ませるときなどに哺乳瓶があると便利です。

 

誰かに赤ちゃんを預けなけばいけない時

どうしても外せない用事があり、赤ちゃんを他の人に預けなければならない場合には、哺乳瓶が必ず必要となります。

ただし、おっぱいが大好きな赤ちゃんほど哺乳瓶を嫌がることがあります。

 

誰かに預ける事が事前に予想できる場合は、白湯やミルクなどで事前に赤ちゃんが哺乳瓶に慣れるようにしておくとよいでしょう。

 

体調不良やおっぱいトラブルなどで授乳ができない時

授乳期間中はママはかかりつけの医師から処方された薬以外の服用は出来ません。

しかし、お母さんが風邪をひくなどの体調不良でやむをえず市販薬を服用する場合、その間一時的に授乳ができなくなります

 

母乳メインで子育てしたい場合でも、このような緊急時に備えて、哺乳瓶を手元に1本準備しておくと安心ですね。

 

混合または完全ミルク育児なら最低ラインは3本

混合・完ミ育児では、完母育児に比べ、圧倒的に哺乳瓶の使用回数が多くなります。

特に月齢の低い赤ちゃんはミルクを飲む間隔が短いため、哺乳瓶は最低でも3本用意しておきたいものです。

 

最初から240mlの容量がベスト

哺乳瓶のサイズは、120ml・160ml・200ml・240mlが主流です。

個人差はあるものの、生後1か月頃までは1回のミルク量は100ml前後。

それが赤ちゃんが生後3か月を過ぎる頃には、200mlをペロリと飲んでしまうようになります。

 

「大は小を兼ねる」とよく言いますが、初めから一番容量の大きい240mlサイズの哺乳瓶を買っておくと、長く使えてとても便利ですよ。

また、生後5~6か月を過ぎる頃には離乳食が始まります。

 

赤ちゃんが離乳食をたくさん食べたり、離乳食を食べる際の水分補給としてお茶やジュースを飲ませ始めると、赤ちゃんがミルクを飲む量は自然と減っていきます。

 

その頃には赤ちゃんが自分で持って飲みやすい120mlサイズの哺乳瓶が便利になりますが、その頃には赤ちゃん用の「マグ」が使えるようになるので、やはり哺乳瓶は240mlを選んでおき、マグと上手に併用していくことがスマートな方法でしょう。


出典:【コンビ公式】ててオパーティマグくまのプーさん

 

外出用にはプラスチック製を1本用意

プラスチック製の哺乳瓶は、洗う時に表面に傷が付きやすく、色やニオイがこびりつきやすいというデメリットがあるものの、軽く割れにくいので持ち運びにとても便利です。

 

赤ちゃんがミルクを飲み終わったら、すぐに哺乳瓶を洗うよう心がけさえすれば、外出用にプラスチック製を1本準備しておくと重宝します。


出典:母乳実感哺乳瓶プラスチック

 

残り2本は衛生面で安心なガラス製を選ぶとよい

ガラス製の哺乳瓶は、プラスチック製に比べてミルクの調温がしやすく、赤ちゃんを待たせません。

また、哺乳瓶に付着した汚れが落ちやすく、煮沸消毒もしやすいことから、衛生面でも安心だと言われています。

 

一方で、哺乳瓶を落としてしまった時に割れたり、熱湯を注いだ直後に哺乳瓶全体が熱くなり火傷をしやすいなどのデメリットがあります。

ガラスの哺乳瓶は、自宅で使用する用に2本揃えておくことをおすすめします。

 


出典:【楽天市場】ピジョンスリムタイプ哺乳びん耐熱ガラス製

 

まとめ

出産後は、慣れない赤ちゃんのお世話に必死で、なかなか必要なものの買い出しに出かけにくくなります。

できれば赤ちゃんグッズは事前に揃えておきたいものですよね。

 

しかし、哺乳瓶の準備に関しては、焦る必要はありません。

妊娠中にはとりあえず哺乳瓶を1本準備しておき、追加で購入するかどうかは、授乳スタイルが安定してから判断しても遅くはないのです。

 

赤ちゃんとの生活スタイルやガラス製・プラスチック製の特徴などを踏まえ、最適な哺乳瓶の本数や容量、素材などを選んでみてくださいね。

 

コメント