授乳期間中に頭痛薬は飲んでいい?服用しても安心な薬と飲み方とは?

妊娠&育児

頭痛がひどくて薬を飲みたいけど、授乳しているから心配…。

 

日々の授乳で肩が凝ったりして、頭痛に悩まされるママは少なくありません。

しかし授乳中の服用は、母乳を通して薬の成分が赤ちゃんに入ってしまわないかと心配になるものです。

  • 授乳中でも服用可能な頭痛薬
  • 薬に頼らない頭痛対策
  • 授乳中の頭痛薬の飲み方

この記事では、授乳中頭痛薬を飲んで良いか、飲んでも安心な頭痛薬や、自分でできる頭痛対策を紹介します。

 

 

授乳中でも服用可能な頭痛薬

授乳中でも、飲んでも赤ちゃんへの影響がほとんどないとされる頭痛薬もあります。

  • 乳児の解熱剤にも使われるカロナール
  • アセトアミノフェンを有効成分とするもの

ここでは、授乳中でも飲める頭痛薬について紹介します。

 

乳児の解熱剤にも使われるカロナール

授乳中にママが薬を服用すると、成分が母乳を通して赤ちゃんに移行するとされています。

 

赤ちゃんの小さな体に対し、大人が飲む薬が吸収されるのはごくわずかで、ほとんど影響がないと考えて良い

と指摘するお医者さんもいます。

 

病院で頭痛薬をもらうときは、念のため授乳中であることを伝えましょう。

授乳中のママに処方されることが多いカロナールは、妊娠中や産後、小児科にも処方される身体にやさしいお薬です。

効果もゆっくりで、小児科で乳児の解熱剤として処方されることもあるので、赤ちゃんへの影響も少ないでしょう。

 

アセトアミノフェンを有効成分とするもの

アセトアミノフェンという薬に含まれる成分は、赤ちゃんの身体への移行が少ないとされています。

妊娠中でも比較的安全性が高いとされ、授乳中の服用も心配ないでしょう。

 

市販薬に記入されている名前としては、カロナールやタイレノールなどに含まれています。

 

 

 

他にも、これらの成分は授乳中も比較的安心とされています。

  • 頭痛などの痛み止めのアセトアミノフェン、イブプロフェン
  • 下剤として処方されるセンナ、センノシド
  • 胃薬として処方されるファモチジン、ラニチジン
  • 花粉症薬として処方されるフェキソフェナジン

 

イブA錠も、成分であるイブプロフェンは母乳への移行が少ないとされています。

 

逆に控えたほうが良いのは、以下の薬剤です。

  • アミオダロン
  • コカイン
  • ヨウ化ナトリウム

 

頭痛薬で有名なバファリンに含まれる「アスピリン」は母乳への移行は少ないですが、公式サイトで授乳中は推奨しないとされています。

ロキソニンなども用法や用量を守れば服用できることもあるので、心配な場合は薬剤師さんや、病院の先生に相談してみましょう。

 

 

薬に頼らない頭痛対策

  • 片頭痛の場合はストレスを溜めずにこまめに休むこと
  • 緊張性頭痛は血行促進を図ること
  • 乳腺炎にも効果的な葛根湯も頭痛に効く

ここでは、自分でできる薬を飲まない頭痛対策を紹介します。

 

片頭痛の場合はストレスを溜めずにこまめに休む

片頭痛は、左右どちらかのこめかみの辺りや、目の周辺がズキズキ痛むのが特徴です。

 

片頭痛はストレスが原因のことがあるので、こまめに休むことが効果的です。

片頭痛の際の対処法
  • 赤ちゃんが寝ているときは、横で一緒に寝る
  • 母乳を作るのに水分が消費され不足しがちなので、水分をこまめにとる
  • 抱っこの仕方が左右どちらかに力が偏っていて、肩や首が凝っている場合があるので、抱っこの仕方を変えてみる

 

水分をとらないと、頭痛だけではなく腎盂炎(じんうえん)になってしまうおそれもあります。

赤ちゃんを抱っこしていると肩や首も凝りやすく、頭痛につながりやすいのです。

また、生理周期によるホルモンの影響で、頭痛がひどくなることもあります。

つらい時は横になり、パパに抱っこを変わってもらうなどしましょう。

 

緊張性頭痛は血行促進を図ること

緊張性頭痛は、頭全体がギューッと締め付けられるような頭痛です。

頭痛全体の70%をしめる緊張性頭痛はパソコン操作やデスクワークなど、同じ姿勢を長時間とることが主な原因になります。

授乳では赤ちゃんを抱っこし、30分ほど首を落としてややうつむいた姿勢をとりますよね。

授乳や抱っこでの首こり・肩こり改善のための体操Step1

 

動画でも紹介していますが、自分でできる首・肩こり対策、血行促進方法をまとめてみました。

  1. 背中を軽く伸ばす
  2. 両手の指でアゴをおさえて、アゴを引き、そのまま首を後ろに押していき、5秒ほどその状態で止まる
  3. 5秒首を後ろに押して止め、5秒手を離して戻す、を2~3回繰り返す
  4. アゴを引いた状態のまま、頭を右、左へとねじる
  5. 頭を天井から串刺しにされているようなイメージで、身体の軸をまっすぐにしたまま、首をねじるのを繰り返す
こうしたストレッチで、授乳で前かがみになりがちな姿勢が徐々に元通りになるので、頭痛の予防にもなりますね。

 

緊張性頭痛の際のセルフストレッチ
  • 首ストレッチ
    …頸椎(けいつい)や首周辺の筋を痛めないよう、首をゆっくりグルグル回す
  • 肩ストレッチ
    …左右の肩をストンと上下させるのを、10回程繰り返す
  • 肩の先に手を置き、肘で円を描くようにして肩を回す

 

乳腺炎にも効果的な葛根湯も頭痛に効く

葛根湯は、乳腺炎で病院を受診した際にも処方されます。

頭痛などの痛みそのものを取り除くのではなく、風邪の引き始めなどで免疫力を上げてくれる効果があります。

 

授乳期間は産後のダメージでママの免疫力が下がっていることもあり、優しく効く葛根湯が安心かもしれません。

 

他にも頭痛を改善するために、身近なできることがあります。

  • 梅干しを食べる
    …梅干しには身体を温める効果があります。ベンズアルデヒドという香りの成分が、頭痛などの痛みをやわらげてくれます。
  • ハーブティを飲む
    …カモミールやラベンダー、ローズマリーなどには鎮痛作用があります。お風呂に浮かべるのも効果的です。
  • カフェインを摂取する
    …カフェインには血管収縮作用があるので、頭痛にも効果があることがあります。ただし適量を楽しみましょう。

 

 

授乳中の頭痛薬の飲み方

授乳中は頭痛薬の飲み方にも、ポイントがあります。

  • 授乳直後に服用する
  • 頭痛薬を服用後は次の授乳まで時間を空ける

ここでは、授乳中に頭痛薬を飲むタイミングについて紹介します。

 

授乳直後に服用する

授乳直後は、次の授乳まで一番間隔があくタイミングです。

頭痛薬の成分が母乳を通して赤ちゃんに移行すると考えると、授乳が終わってすぐだと最も心配が少ないでしょう。

 

頭痛薬を服用後は次の授乳まで時間を空ける

薬を服用後、ママの血液の中に含まれる薬の濃度が最高になるのが、服用後1~2時間後です。

 

できれば頭痛薬を服用してから、次の授乳まで3~4時間は空けるのが理想です。

ママの血液中の薬剤濃度が低くなり、血液を成分とする母乳から赤ちゃんへの影響も、さらに少なくなります。

 

また、授乳直後ではなく、授乳直前に飲むという方法もあります。

直前であればまだ薬の成分がママの身体に行き渡っていないので、30分ほどで授乳を済ませ、1~2時間後に薬が効いてくることになります。

授乳直前に頭痛薬を服用するメリット
  • 赤ちゃんがお腹いっぱいになって寝てくれるタイミングと、薬が効いてくる時間が重なり、ママも横になれる
  • 次の授乳まで、授乳直後に飲むよりも時間が空けられる

 

カロナールなど安全とされている頭痛薬では、過度に赤ちゃんへの影響を心配する必要はありませんが念のため飲むタイミングも考えてあげましょう。

 

まとめ

授乳中だと、頭痛薬も気楽に飲むことができず、何を飲んだらいいのかとかえって頭を悩ませがちです。

病院で処方してもらえると安心ですが、授乳期の赤ちゃんを抱えて、なかなか気軽に相談にも行けませんよね。

 

血行を促進するストレッチなど、自分でできる頭痛対策や、こまめな休息がおすすめです。

頭痛と共に、産後のダメージや育児のストレスも解消されるかもしれませんね。

 

関連記事 授乳中の吐き気の原因や対策を紹介した、以下の記事もおすすめです。

授乳中の吐き気の原因は貧血!?すぐにできる対策と予防

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
スポンサーリンク
妊娠&育児赤ちゃん
flaugh(フラウ)

コメント