妊娠中の喫煙による3つの影響とたばこを止められない時の対処法

妊娠&出産

 

ただでさえ栄養に気をつけたりお酒を控えたり、制限が多い妊娠生活。

少しくらいなら吸っても大丈夫?

妊娠中に喫煙したら、赤ちゃんにどんな影響があるの?

など、赤ちゃんの健康面が気になりますよね。

  • 喫煙は妊婦にとって悪い影響ばかり
  • 妊娠中なのに喫煙をやめられない時の対処法

ここでは、妊娠中の喫煙が赤ちゃんに与える影響と、喫煙をやめられない時の対処方法について紹介します。

 

 

喫煙は妊婦にとって悪い影響ばかり

妊娠中に喫煙すると、へその緒を通してお腹の中の赤ちゃんにもタバコの成分が運ばれてしまいます。

  • 胎盤の発育や発達に良くない
  • 胎盤の血管が収縮してしまう
  • 羊水の減少につながる

ここでは、妊娠中の喫煙が赤ちゃんに与える具体的な悪影響について解説します。

 

胎盤の発育や発達に良くない

タバコにはニコチンという成分が含まれています。

他にも一酸化炭素など、人の身体に悪影響を及ぼす成分があります。

ニコチンには血管を収縮させる作用があり、一酸化炭素は臍帯(さいたい:へその緒)を通して赤ちゃんに送られる酸素の流れを妨げてしまいます。

出典:長崎県壱岐市

 

煙草を多く吸っているママほど、赤ちゃんが無事に生まれても出生体重が低くなる傾向があります。

 

その他にも喫煙には、母子共に様々なリスクがあります。

  • お腹の赤ちゃんの発育が妨げられ、出生時の体重、身長が低下する
  • 母体の子宮筋を収縮させるので、流産や死産、早産の確率が上がる
  • 先天性奇形や、子供の発達が遅れる傾向がある

 

妊娠する以前に、煙草の煙に含まれる成分が卵子を弱らせてしまうので、不妊になる確率も上がると言われています。

 

胎盤の血管が収縮してしまう

胎盤(たいばん)は、赤ちゃんが生まれてくるまでママのお腹の中で安全に過ごすための部屋です。

 

喫煙をしていると、ニコチンの作用で胎盤の血管が収縮してしまいます。

血管が収縮すると赤ちゃんに送られる血流が滞り、必要な酸素や栄養が届きにくくなります。

 

喫煙が胎盤に与える影響
  • タバコに含まれる一酸化炭素が赤ちゃんの血液の中に入ると、酸欠状態になることも確認されている
  • 妊婦さんが喫煙するのと同時に、赤ちゃんの心拍も下がる

 

つまり、喫煙は赤ちゃんの首を絞めているのと同じなのです。

血管が収縮を続けると、赤ちゃんより先に胎盤が母体の外に出てきてしまう、常位胎盤早期剝離(じょういたいばんそうきはくり)のリスクも上がります。

 

死産や仮死状態で生まれてくるだけではなく、ママが大出血して命を落としすことある、とても危険な状態に陥ってしまいます。

 

羊水の減少につながる

子宮の血管が収縮することで胎盤の働きが妨げられる以外にも、赤ちゃんを包む羊水にも影響があります。

羊水は出産までクッション代わりとなって、赤ちゃんを衝撃から守ってくれています。

その他にも、赤ちゃんを無菌状態に保つ役割もあります。

 

しかし妊娠中に喫煙することで、羊水が以下のような状態になることがあります。

  • 前期破水が起こる確率が上がる
    …陣痛が来る前に破水することで、卵膜が破れて外に流れ出てしまい、無菌状態ではなくなってしまいます。
    その結果、赤ちゃんが様々な感染症にかかるおそれがあります。
  • 羊水の生産が妨げられる
    …妊娠30週では800mlほどあった羊水も、出産に向けて徐々に減っていきます。
    喫煙によってママが妊娠高血圧症になるリスクが上がり、羊水過少症(何らかの原因で羊水が少ない状態)になることがあります。

 

喫煙による妊婦さんや赤ちゃんへのリスクをまとめると、以下の通りです。

  • 不妊症になる確率が、吸わない妊婦さんより3倍以上
  • 早産になる確率が1.5倍
  • 赤ちゃんの出生体重が低下し、2500g以下で生まれる低体重児になるおそれがある
  • 子宮内胎児発育遅延(IUGR)や、手足の欠損、手足の指が増える多指症、逆に減る少指症、指が癒着(ゆちゃく)する合指症など、先天奇形になる確率が2倍
  • 心臓構造に異常が出る先天性心疾患になるおそれがある
  • 子宮がんのリスクが上がる

特に心臓は妊娠初期に作られるので、妊娠を考えるころから、早めに禁煙に取り組んだ方が良いでしょう。

 

 

妊娠中なのに喫煙をやめられない時の対処法

妊娠中でも喫煙をやめられない…。ストレスでかえっておかしくなりそう

妊婦さんでなくても、急にタバコをやめるのは難しいものです。

  • まずは初日を乗り切る
  • 赤ちゃんが苦しむ姿を想像する
  • 吸いたくなったらガムやハーブティーを口にする

ここでは、妊娠中喫煙をやめたい時に、効果的な方法を3つ紹介します。

 

まずは初日を乗り切る

 

絶対にもう、今日から出産まで1日もタバコを吸わない!

と、あまりハードルを上げ過ぎるのは禁物です。

禁煙には、まずは具体的で近々かなえられそうな目標をかかげることをおすすめします。

まずは初日を吸わずに乗り切ってみよう

など、過去にも1日だけなら、法事などの行事でバタバタしていて吸わなかった日はないでしょうか。

ニコチンを求める強い欲求は、初日を乗り切れれば日に日に薄れてくるとされています。

 

また、出産してからも喫煙は母子共に悪影響を及ぼします。

出産後に心配な喫煙の影響
  • 母乳を通してタバコの有害物質が赤ちゃんに送られると、赤ちゃんが不眠傾向になる
  • 赤ちゃんが嘔吐や下痢をしやすくなる、ニコチン中毒症状が見られることがある

 

産後を考えても、「まずは1日禁煙する」という第一歩を踏み出すことをおすすめします。

 

赤ちゃんが苦しむ姿を想像する

動画では、喫煙していない妊婦さんと、妊娠中喫煙がやめられない妊婦さんの赤ちゃんのエコー写真を比較しています。

衝撃!エコー写真で判明したヤバイ事実・妊婦の喫煙は赤ちゃんに驚愕の影響を与える!

喫煙していない妊婦さんの赤ちゃんは、時々手足を動かす程度でリラックスした様子を見せています。

一方、喫煙している妊婦さんの赤ちゃんは、しきりに手で顔を触ったりして、落ち着きがなく苦しそうです。

タバコに含まれるニコチンの作用で赤ちゃんの中枢神経に欠陥を与え、身体の動きに何らかの障害を与えると考えられています。

 

喫煙によってお腹の赤ちゃんが苦しむ動画や映像は具体的で、心に刺さりますよね!

喫煙をやめたくてもくじけそうなときに、「ママになる」という気持ちの背中を押してくれるでしょう。

何度も動画や写真などを見て頭に焼き付けたりして、「喫煙したい」と思ったら反射的に想像できるようにしておくと良いかもしれませんね。

 

吸いたくなったらガムやハーブティーを口にする

喫煙をなかなかやめられないときは、自分の行動を分析してみましょう。

いつ、どんな時にタバコを吸いたくなっているでしょうか。

 

イライラした時や朝起きてすぐなど、無意識に喫煙が習慣になっている場合があります。

  • 朝吸いたくなる
    …起きてすぐハーブティーなどで一息つき、朝食をつくって気持ちを紛らわす
  • イライラしたときに吸いたくなる
    …鏡を見て、みけんにしわが寄り不機嫌な自分の顔を確認してみる。
    ガムを噛んだり、アロマをたいてみる
  • 食後の一服に吸いたくなる
    …喫煙すると口臭もひどくなることなどを思い出し、すぐに歯磨きをしてしまうようにする

 

一度禁煙に成功すると、

産後、周りで吸う人がいても、全くタバコを吸いたいと思わなくなった

というママもたくさんいます。

 

まとめ

妊娠中も喫煙は「百害あって一利なし」です。

産後も、喫煙すると母乳で赤ちゃんに有害物質が送られることになります。

どうして女性ばかりが、好きなことを我慢しなきゃいけないの?

と、飲酒や喫煙が習慣になっている妊婦さんは嘆きたくなるかもしれません。

しかし赤ちゃんをお腹で育てられる貴重な経験は、男性がしたくてもすることができないものです。

 

いろんな人に相談したり愚痴を聞いてもらいながら、まずは出産まで乗り切って、母子共に元気で出会いたいですね。

 

関連記事 胎盤早期剥離が起こる原因について紹介した、以下の記事もおすすめです。

胎盤早期剥離が起こる原因とは?死産や大量出血など母子に危険が及ぶことも

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
スポンサーリンク
妊娠&出産妊娠&育児
flaugh(フラウ)

コメント