臨月はお腹の圧迫に注意!上手な過ごし方やおすすめアイテム

妊娠&出産

臨月に入って、日常の動作でも急にお腹が圧迫されたと感じることが多くなった

臨月とは妊娠36週0日から、39週6日までの4週間のことです。

赤ちゃんに会える期待が膨らむ一方、お腹も急激に大きくなり苦しくなることがあります。

  • 臨月のお腹はあまり圧迫しないように気を付ける
  • 臨月のお腹を圧迫しないためには

この記事では、臨月にお腹が張ってしまう原因と、圧迫しないために気を付けたいことを紹介します。

 

 

臨月のお腹はあまり圧迫しないように気を付ける

臨月に入れば、いつ赤ちゃんが生まれても大丈夫

と思っている妊婦さんは多いです。

しかし臨月にあたる36週0日から6日までの間は、早産にあたってしまいます。

臨月にはお腹を圧迫せず、正期産まで適度な運動を心がけたいものです。

  • お腹の張りの原因になることもある
  • 血流が悪くなり赤ちゃんも苦しくなってしまう

ここでは、お腹を圧迫することで心配されることを解説します。

 

お腹の張りの原因になることもある

お腹が張る状態というのは、お腹がキューっと締め付けられたり、お腹が固いと感じる時です。

臨月には大きくなったお腹がつかえて「ちょっと物を取る」といった、日常的な動作も大変になります。

 

出産が近づくにつれて子宮は下がり、お腹の圧迫感も軽くなります。

しかしそれまでは、膀胱や腸が圧迫され便秘や下痢、頻尿になりやすく、お腹も張りやすいです。

 

無意識にお腹を圧迫するような姿勢をとってしまったり、きつい下着をつけたりしていないかご自分でチェックしてください。

お腹が圧迫されると血流が悪くなり、お腹の張りやむくみの原因にもなります。

お腹を圧迫しないためには、ノンワイヤーのブラジャーにするなどの工夫があります。

 

血流が悪くなり赤ちゃんも苦しくなってしまう

臨月には仰向けの姿勢で眠ることも、お腹が圧迫される原因になります。

大きくなったお腹が、足から心臓へと戻っていく血流を邪魔してしまうからです。

  • ママの意識が遠くなったり、貧血になることもある
  • 赤ちゃんが必要な酸素や栄養素をママの血液から受け取れず、低酸素状態に陥ることがある

予防するには、左を下にして横向きに眠るのがおすすめです。

 

 

臨月のお腹を圧迫しないためには

  • 締め付けないような下着を身につける
  • 寝る時の体勢に気を付けること
  • 重い物はもたないこと

ここでは、臨月にお腹を圧迫しないようにできる工夫を紹介します。

 

締め付けないような下着を身につける

出典:楽天

画像のような、マタニティブラとショーツがセットになっている下着は、臨月にも大活躍します。

通常のショーツはゴムでお腹を締め付けるようになっているので、臨月には圧迫されてしまいます。

またブラジャーも、カップが2~3大きくなるので、マタニティ用でなければ締め付けられます。

ノンワイヤーで授乳機能つきのものであれば、産後も重宝します。

画像の「くるみんシリーズ」という下着は、縫い目も布でくるまれています。

 

寝る時の体勢に気を付けること

仰向けやうつ伏せで寝るのが習慣だったのに、臨月になるとお腹が苦しくてできず、ストレスを感じる妊婦さんもいます。

 

  • 抱き枕を足に挟み、心地よい位置を調節する
  • 体は横向きにして眠る
  • 足を心臓より高くして眠る
  • リラックスできる音楽や、アロマをたく

 

妊娠5ヶ月 シムスの姿勢の取り方

動画では、「シムスの体位」のとりかたを説明しています。

シムスの体位(体勢)とは、体の左側を下にして横になる状態です。

体の左側を上にしていると、大静脈が圧迫され、全身を巡った血液が心臓へと戻る血流が悪くなります。

シムスの体位を取ることでリラックス効果があり、むくみの予防にもなります。

 

重い物はもたないこと

重い物を持つことも、お腹を圧迫してしまう原因になります。

また、トイレで排便しようといきむときも、腹圧がかかります。

重い物を持つなと言われても、10kg以上ある上の子の抱っこもあるし、家事もしないと…

と、ある程度は重い物を持ったり、便秘のせいでトイレでいきむことは避けられないものです。

それでも妊婦さんにこんな注意をされるのは、腹圧をかけ過ぎるとリスクがあるからです。

腹圧がかかることによる心配
  • 切迫早産のリスクがあがってしまうことがある
  • 靭帯や関節に力が加わり、腰痛や筋肉痛を招く

 

臨月には、ママの身体は出産の準備を着々と進めています。

靭帯や関節がゆるくなるのは、赤ちゃんが通る産道を確保するためです。

ゆるんだ関節などに、重い物を持って力が加わると、傷ついて痛んでしまいます。

 

また、臨月にお腹に圧迫感を感じる時は、前駆陣痛(ぜんくじんつう)の可能性もあります。

出産につながる本陣痛の前の準備による痛みなのか、お腹の張りなのかどうかの区別は難しいです。

前駆陣痛に気付くためにも、なるだけお腹を圧迫しないようにしたいものですね。

 

まとめ

臨月は、もうすぐ赤ちゃんに会えるドキドキで満たされた時間です。

一方で、少し動くだけで息切れしたりお腹が張って悩まされます。

無事に赤ちゃんに会えるためにも、お腹を圧迫しないよう、ラストスパートを乗り切りたいものですね。

 

関連記事 臨月のウォーキング効果と注意点について紹介した、以下の記事もおすすめです。

臨月のウォーキング効果|マタニティビクス流の正しい歩き方と注意点

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
スポンサーリンク
妊娠&出産妊娠&育児
flaugh(フラウ)

コメント