赤ちゃんがおっぱいを噛む理由!授乳中の悪い癖をやさしく止めさせる

妊娠&育児

赤ちゃんに乳首をかまれて、授乳時間がゆううつ…。

授乳していると、赤ちゃんが「ガブリ!」と、おっぱいや乳首をかむことがあります。

思わず悲鳴をあげるほど、痛いこともありますよね。

  • 赤ちゃんが授乳中におっぱいを噛む理由とは
  • おっぱいを噛まれた時の対策

この記事では、赤ちゃんが噛んでしまう理由と、噛まれないようにするための対策を紹介します。

 

 

赤ちゃんが授乳中におっぱいを噛む理由とは

  • 歯が生えかけてむずがゆい
  • 遊び飲みをしている
  • ママが授乳に集中していないのをわかっている

まずは赤ちゃんが噛みたくなってしまう気持ちについて解説します。

 

歯が生えかけてむずがゆい

赤ちゃんは早いと生後3~4か月頃から、最初の歯が生えてきます。

赤ちゃんが乳首を噛む理由とその対処法

 

歯が生え始めた頃は、歯がむずがゆくて噛んでしまうので、授乳の前に歯固めを与えて、むずがゆさを解消しておくのも良いでしょう。

または、ママに「おっぱいの味がいつもと違う、美味しくない」ということを、噛むことで伝えている可能性もあります。

さらに、赤ちゃん自身が体調が悪いという場合もあるので、最近体調に変化はなかったかを思い起こしてみましょう。

 

遊び飲みをしている

おっぱいを飲むのに飽きてきたとき、赤ちゃんが「遊び飲み」をし始めることがあります。

「遊び飲み」とは、満腹だったり他のことに気を取られて、おっぱいを飲むのに集中していない状態のことです。

部屋でついているテレビやおもちゃが気になっているけれど、おっぱいも気になるので、つい噛んでしまうというケース。

授乳中にキョロキョロよそ見をしたりする場合は、授乳を中断して、他の遊びに誘ってあげても良いかもしれませんね。

 

ママが授乳に集中していないのをわかっている

赤ちゃんは見ていないようで、ママの様子をよく観察しています。

出典:これほんとに痛い…!

ママがスマホを触っていると噛んでくる赤ちゃんもいます。

他にも、こんな気持ちから噛んで気を引こうとしている可能性があります。

  • ママが眠そうにしていて、寂しくて構ってもらいたい
  • 眠たくて、授乳を中断してほしい
  • 離乳食の時期に入り、ご飯でお腹が満たされていて「もういらない」と思って噛む

授乳しながらついスマホを操作してしまいがちですが、そんなママの様子を赤ちゃんは見ています。

噛まれることが続くときは、赤ちゃんの気持ちが不安定になっていないか、様子を見てみるのも良いかもしれません。

 

 

おっぱいを噛まれた時の対策

おっぱいを噛まれた痛さで「やめなさい!!」と怒鳴ったり突き飛ばしてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうこと、ありますよね?

  • 噛まれたらすぐに鼻をつまむ
  • 授乳を中断して赤ちゃんからおっぱいを取り上げる
  • 目を見て「いけないこと」だと伝える

ここでは、赤ちゃんが噛んできた時におすすめの対応について紹介します。

 

噛まれたらすぐに鼻をつまむ

ガブリと噛まれてれ痛すぎて叫んだら、びっくりして大泣きされてしまって自己嫌悪…。

 

噛まれたと思ったら、赤ちゃんの鼻をつまんでみましょう。

鼻をつままれると息ができないので、パッと自分からおっぱいを外します。

なぜそんなことをされたのか赤ちゃんにはわからないので、
「噛まれたら痛いんだよ」
「ダメだよ」
という言葉を添えてあげましょう。

鼻をつまむのに抵抗があるママは、おっぱいを外すのではなく逆に赤ちゃんの顔に押し付けるという方法もあります。

おっぱいが顔に迫ってくると、反射的に顔をそむけたりして歯から外してくれます。

※ほっぺたをクリクリと押したりして外すママもいます。

 

授乳を中断して赤ちゃんからおっぱいを取り上げる

噛まれても痛い顔をみせず我慢していると、赤ちゃんにはママがつらいんだということが伝わりません。

噛まれたらいったん、授乳を中断しましょう。

そして普段とは違う低い声で、「噛んだらダメよ」と言ってあげます。

これを何度か繰り返すと「噛んだら、おっぱいを飲むのをいったんやめさせられる」と、赤ちゃんにもわかってくるでしょう。

 

目を見て「いけないこと」だと伝える

根気が必要ですが、噛まれたときに赤ちゃんの目を見て、繰り返し「噛むのはいけないこと」だと伝えるのも効果的です。

赤ちゃんの片方の口角を、人差し指で「いー」をするように押し広げると、噛んだ状態から外してくれます。

その後で、気持ちを落ち着かせて「噛んだら痛い」ということを赤ちゃんに伝えます。

大きな声で「痛い!」と叫ぶと、「遊んでもらっている」と勘違いしてしまうことがあります。

言葉では伝わらないと思いがちですが、ママの気分も赤ちゃんは敏感に感じ取っているものですよ。

 

まとめ

あまりに噛まれるのが続くときは、痛いんだよと伝えながら、「しっかり見ているよ」と言って、安心させてあげるのも良いかもしれませんね。

 

関連記事 授乳でおっぱいがカチカチになってしまう時の原因や対策を紹介した、以下の記事もおすすめです。

授乳中に胸がカチカチで痛い!対処法・授乳前にすると良いこととは?

 

 

この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
妊娠&育児産後の母体ケア赤ちゃん
flaugh(フラウ)

コメント