赤ちゃんに靴下はいらない!?ハイハイやつかまり立ちも安心!

妊娠&育児

赤ちゃんの靴下は、コロコロとして小さく可愛いですよね。

つい色々なデザインのものを買って履かせたくなりますが、「赤ちゃんにいつも靴下を履かせるのは、あまり健康面で良くない」という声も聞きます。

 

この記事では赤ちゃんに靴下を履かせない、素足のメリットを紹介します。

 

また、赤ちゃんのパジャマの選び方を紹介した、以下の記事もおすすめです。

関連記事夏編の赤ちゃんパジャマの選び方|着替える習慣が生活リズムをつくる

 

 

室内では赤ちゃんに靴下を履かせなくてもいい

大人でも、「室内では、冬だろうと365日素足派」と決めて生活している人もいます。

赤ちゃんの場合、ずっと素足でも問題ないのでしょうか。

 

赤ちゃんは手および足の裏で体温調整をしている

 

赤ちゃんは手のひらや、足の裏で体温を逃したり快適な温度を調整しています。

大人が触ってみて、
「冷たい!冷えてるんじゃ?」
と心配になっても、足の表面だけ冷たい場合は素足でも問題ありません

 

逆に寒いだろうと思って、靴下や上着をたくさん着せすぎたりすると、体温を逃すことができずに「うつ熱」という症状が出るおそれがあります。

 

「うつ熱」とは、体温が体の内にこもってしまった状態で、大人で言う「熱中症」の原因にもなる症状です。

このため、できればお腹や背中が冷えていないと感じる時は、素足の方が安心なのです

 

赤ちゃんは新陳代謝が活発

赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が活発です。

口の回りなどがよだれで赤くかぶれてしまっても、翌日にはきれいになっていて驚いた経験はないでしょうか?

 

冷え性になりやすい大人とは違い、赤ちゃんの身体がいつもポカポカしているのには理由があります。

  • 体が小さく、気温が低い日や薄着でも、すぐに身体が温まりやすい
  • 新陳代謝が活発で、血液の巡りが良い

靴下だけではなくミトン(赤ちゃん用手袋)も同じようにつけさせたいところですが、新陳代謝を妨げてしまうおそれがあります。

 

顔をかきむしる等、ミトンを付けなければならないことがある場合以外は、なるだけ自然な状態でいさせてあげたいものです。

 

衣服で体温調整が可能だから

冷房がきいたお店などで赤ちゃんに靴下を履かせず歩いていると、特におばあちゃん世代の人から、「寒そうだから、靴下を履かせてあげたら?」などと指摘されたことはないでしょうか。

 

時には「こんなに冷やして、かわいそうに」と言われる場合もあるかもしれません。

 

私の息子も予防接種の時、病院で体温を測る際、最初は38度を超えていたのが、「衣服を一枚脱がせてから、もう一度計ってください」と言われました。
すると、体温が1度近く下がって驚いたことがあります。

 

赤ちゃんは身体が小さいので、布団一枚や衣服一枚の重ね着によって、体温が上昇しやすいです。

そのうえ靴下まで履かせると、温まりすぎて気分が悪くなってしまうことがあるのです。

 

 

赤ちゃんが室内で素足でいることのメリット

イラストのように、赤ちゃんが室内で素足でいることには、「安全」という最大のメリットがあります。

 

素足でいることで自律神経が発達する

赤ちゃんは素足でいると、足の裏で気温を敏感に感じることができます

足の裏が刺激されると脳も活性化され、身体が「暑い」と感じて汗をかいたりする機能、自律神経も発達します。

 

他にも、以下のようなメリットがあります。

  • 足の裏にたくさんツボが集まっているので、足を動かし床や物に触れたりすることで、体調が良くなる
  • 素足だと足を床につけて踏ん張ることができるので、ふとももなど足全体も鍛えられる

 

ハイハイやつかまり立ちのときに滑らなくて安全

素足でいると、ハイハイやつかまり立ちの時に安全です。

 

靴下だと足が滑ってしまい転倒するおそれがありますが、はだしだと足の裏でグリップが効いて、踏みとどまることができるのです。

 

裸足だと足に力が入りやすいので、「ハイハイやつかまり立ちが早く発達する」という見解もあります。

 

靴下ではなくレッグウォーマーで寒さ対策をする方法も人気です。

 

基本的に赤ちゃんは素足でも大丈夫ですが、靴を履き始めるころに摩擦を和らげるため、靴下デビューするのが自然かもしれません

 

その他に、以下のような場合は靴下を履かせた方が安心でしょう。

  • 機嫌が悪く、風邪をひいている可能性があるとき
  • お腹や背中に触ってみて、ひんやりしているとき
    …まずは衣服を着せてみて、室外なら部屋の中に入るなどする
  • 唇の色が悪かったり、顔色が青白い時など

 

履かせるかどうかは別として、特に夏場は店内が寒すぎる時があるので、念のため靴下を携帯しておくと安心です。

また、おむつが濡れている場合に、かえてみることで体温が上がることもあります。

 

まとめ

可愛らしくたくさんそろえたくなる、赤ちゃんの靴下。

しかし暑さを感じて汗腺が発達して汗をかいたり、生きていくうえで必要な新陳代謝の機能は、2歳ころまでに発達が終わってしまうという報告もあります。

健康のためにもなるだけ素足でいさせて、温度や床の感覚を感じさせてあげるのが、赤ちゃんにも刺激になって良いかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
スポンサーリンク
妊娠&育児幼児&子供赤ちゃん
flaugh(フラウ)

コメント