妊娠中の足のむくみの原因|おすすめリンパマッサージやツボ

妊娠&出産

妊婦さんには、むくみがつきものです。

マタニティビクスに通い、運動を心がけていた私も、妊娠後期には産院でむくみを指摘されました。

この記事では、妊婦さんがむくむ原因は何か、むくみ対策に有効なリンパマッサージやツボを紹介します。

 

また、出産準備が必要なのは身体だけではありません。

産前産後のために用意しておいた方が良い物と、産後必要に応じて購入しても良いものをまとめた、以下の記事もおすすめです。

関連記事出産準備「いるもの」と「いらないもの」産後に購入しても遅くない!

 

足のむくみに悩む妊婦さんにはリンパマッサージがおすすめ

妊娠中はお腹が大きくなり血管を圧迫して、手や足などの身体の末端部分が特にむくみやすくなります

 

ヒザ裏のリンパ節が効果アリ

「足がゾウみたいにむくんで、靴が履けない」と、足のむくみに悩まされる妊婦さんは多いです。

足には以下のような血流が集中する場所、リンパポケット(リンパ節)があります。

  • 足首
  • 太ももの付け根の内側
  • ヒザの裏

 

むくみが気になるときは、4本の指でヒザの裏をもんだり流すようになでてみましょう
むくみやすい妊婦ママさんへ パパができるマッサージ(安定期後推奨)

 

動画のように、旦那さんにマッサージしてもらうのも、コミュニケーションにもなり良いかもしれませんね。

 

足裏中央より少し上のくぼみに代謝を促すツボがある

足の裏には心臓や腎臓、子宮などの内臓を刺激するツボが集中しています

むくみを改善するには代謝をよくする必要があり、代謝を促すには足の裏の中央にあるツボ(湧泉:ゆうせん)を刺激するのが効果的です。

土踏まずの少し上、足の指を内側に曲げて、一番くぼむ部分にあたります。

このつぼを「数秒押しては離す」のを、数回繰り返してみましょう。

太ももの付け根にあるリンパ節を刺激するには、横になり太もも(股関節)を大きく回してみましょう。

膝小僧を持ち円を描くように回すと、太ももを大きく動かしやすいです。

【湧泉(ゆうせん)】ツボの探し方!鍼灸師が徹底解説

お腹の張り止めや便秘改善に効果がある「三陰交」(さんいんこう)というツボもおすすめです。

三陰交はくるぶしのてっぺんから、指4本分上にいった、足の内側部分にあります。
あぐらを組むと刺激しやすいです。

 

【三陰交(さんいんこう)】PMS・不妊症・更年期障害に効果的なツボを「鍼灸師」が徹底解説!

妊娠中に足がむくんでしまう理由

普段は悩まされたことがなくても、妊娠中に初めてむくみに悩まされる妊婦さんも多いです。

 

体内に水分を溜め込んでいる状態

女性は男性に比べて筋肉の量が少なく、ただでさえ代謝が悪くなりやすく、身体も冷えむくみやすいです。

それに加えて妊娠中は、エストロゲンというホルモンの分泌量が増えます。

エストロゲンの作用で、体内に水分が溜め込まれやすくなってしまいます

 

また、妊娠の体内は赤ちゃんの分もあわせて2人分の血液、水分を抱え込んだ状態です。

「妊娠中、ずっと頻尿(ひんにょう)だった」というママも多く、これは赤ちゃんが排出する尿の分も羊水にたまり、外に出す必要があるからです。

 

妊娠中は血液量が増加しているため

妊娠中は酸素や栄養を血液に乗せて赤ちゃんに送るため、普段よりも20~30%も血液の量が増えています

血液の量が増えると、それを全身に送る役目を持つ心臓や、古くなった血を尿にかえる腎臓に負担が増すことになります。

 

水分はたくさんつくられるのに、排出しにくい状態になってしまって、むくむ原因になるのです。

 

足に負担がかかり心臓への血流の流れが悪くなっている

妊娠後期、8カ月頃になると、「急にお腹が大きくなった」と振り返るママも多いです。

  • お腹が大きくなると、それを支える足(下半身)に負担がかかる
  • 赤ちゃんが大きくなることで、骨盤周辺を圧迫し、太ももの付け根の大きなリンパの流れを悪くしてしまう
  • リンパの血流が阻害されると、心臓へ血液を押し戻す力が弱くなり、手足などの末端部分がむくむ

 

リンパマッサージを行う際の注意点

体中をめぐるリンパ液が集まる、リンパポケットをマッサージをすると、血行が改善されむくみ予防にもなります。

しかしイラストのように、行う際には注意が必要です。

 

強い力でグイグイ押さないこと

特に足の裏のツボを刺激する時、強い力でグイグイ押すことは危険です

足の裏は頭から骨盤までの各臓器と連携していて、
「どこを押しても、身体に何らかの影響、刺激がある」
とも言われています。

 

妊娠中は女性ホルモンの分泌量も増えているので、少しの刺激でも十分効果があります

強すぎる刺激は子宮の収縮を促してしまったり、意図しないツボをも刺激してしまう危険があります。

 

安静を指示されているときはやらないこと

妊婦健診では、「子宮頚管(しきゅうけいかん)が短くなっているので、安静にしてください」など、無理をしないよう指示されることがあります。

まだお産の準備が整っていないのに赤ちゃんが子宮の下のほうに降りてきていたり、自己判断では異常がわからないものです。

 

ンパマッサージやツボを押したりするのは、担当の先生にきちんと許可をとってからにしましょう

 

私がマタニティビクスに通った際も、事前にどんな効果があるのかなどの説明会に出席し、安定期に入ってから産婦人科の先生の許可を得る必要がありました。

 

むくみが強いと感じたらかかりつけの産院に相談する

あまりに「むくみがひどい」と感じる時は、

  • 妊娠高血圧症候群
  • 妊娠糖尿病

など、妊娠中に注意が必要なトラブルが原因かもしれません。

自己判断で、「リンパをマッサージしたり、ツボを押したりしておこう」と放置せず、かかりつけの産院にむくみが気になる点などを報告・相談しましょう

 

安産に効くというツボを調べ、自己判断で毎日お灸をすえた結果、「予定より3週間も早く、陣痛から20分弱で出産した」という妊婦さんもいます。
安産と言えば安産ですが、血行が良くなりすぎ、予期せぬ時期に出産を迎えたりして、母子共に危険かもしれません。

 

まとめ

妊娠中は、

  • つわりで食欲が増したり減ったり、食の好みが変わる
  • 腰痛や頭痛に悩まされる
  • 便秘がちになり、手足や顔がむくむ

など、普段との体調の違いに驚くことの連続です。

自分でできる対策としてマッサージは効果的ですが、頑張りすぎず、病院や体からの安静の指示にも耳を傾け、しっかり従うようにしましょう。

 

この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
妊娠&出産妊娠&育児
flaugh(フラウ)

コメント