白髪だけど髪を明るく染めたい!難しい理由と確実な方法とは?

ヘアケア

カラーリングを楽しんできた人ほど、「白髪染め=黒かったり、暗い髪色になる」と、抵抗を感じるものです。

白髪を染める時、「カラーリングも兼ねたいな」と思うことがありますよね。

 

しかし白髪を明るく染めるには、普通のカラーリングとは違うコツが必要です。

  • 白髪染めではなかなか明るく染められない理由
  • なるべく明るい色の白髪染めを使う
  • 明るい白髪染めには美容院へ行く方が無難

この記事では、白髪に関するこれらの情報をわかりやすく紹介しています。

 

 

白髪染めではなかなか明るく染められない理由

白髪染めはカラーリング剤ではないので、髪の色を明るくするために作られたものではありません。

ここでは、白髪染めでなかなか髪色を明るくできない理由を説明します。

 

白髪染めと普通のカラーリングは違う

結論から言うと、白髪はカラーリングではうまく染まりません。

カラーリング剤と白髪染めは、違う目的・成分で作られているからです。

カラーリング剤と白髪染めの違い
  • ファッションカラーリング剤…黒い髪色を明るい色に染めるためのもの。
    黒髪の中にたくさんあるメラニン色素をカラーリング剤で分解し、薄くすると同時に好みの色合いを配合する
  • 白髪染め…メラニン色素の残っていない白くなった髪や、黒(メラニン色素)が残っている髪も染められる。
    ただし白髪は色素が残っていないので、ブリーチしても色が抜けず染まらない

 

白髪は脱色できず、カラーリング剤の成分に反応する色素も残っていないので、白髪染めでないと染まりません。

白髪染めとおしゃれ染めの違い

「髪を黒や茶色に染めるため白髪染めの方が染料の量が多い」など、成分量にも違いがあります。

カラーリング剤は髪の色を抜き、少量の染料でナチュラルに染めます。

白髪染めで同じレベルに染めるとなると、しっかり色素を入れなけばいけないので量が多くなるのです。

白髪をオシャレに染めたいと感じる時は、残っている黒髪の量で白髪染めかカラーリングをするか選ぶと良いでしょう。

 

白髪染めを使うかカラーリングをするかの判断
  • 白髪染めを使う…白髪の方が黒髪より多いとき
  • おしゃれ染めを使う…白髪がぽつぽつあるくらいで、髪色全体を明るくして白髪を目立たなくしたい時

 

 

白髪染めでも髪を明るくしたい場合の方法

  • なるべく明るい色の白髪染めを使う
  • ダブルカラーをする
  • ハイライトを入れる

ここでは、白髪染めで白髪や、白っぽくなった髪全体を明るくする方法を紹介します。

 

なるべく明るい色の白髪染めを使う

黒髪を脱色してから染めるヘアカラーは、一番髪へのダメージが大きい髪の染め方です。

  • ヘアマニキュアやヘアスプレー
    …髪の表面に染料を乗せるだけで、髪へのダメージはほとんどない
  • トリートメントタイプの白髪染め
    …髪の表面に黒などの色のついた染料を乗せるだけで、ダメージはほとんどない
  • ファッションヘアカラー(おしゃれ染め)
    …暗めの色に染めるのであれば、髪色を抜くブリーチの力も弱く、ダメージも少ない
  • ブリーチ(脱色)
    …縮毛矯正と同じくらい髪を傷つける。明るくすればするほどブリーチの成分が必要なので、ダメージも大きくなる

白髪染めは色素が残っていない白髪に色をつけるため、染める力は強くできています。

 

白髪は目立たなくしたいけど、黒とか重たくて暗い印象は与えたくない

というあなたには、白髪染めで明るく染めたい場合は、オレンジやブラウンなどの明るめの色の白髪染めをおすすめします。

明るすぎる色合いでは不自然な仕上がりになるので、髪になじみも良く日本人の肌に合いやすいのも良いですね。

また、白髪の量が少なめの人や、髪が細くて柔らかい人は、染料がつきやすく思ったより明るい色になりやすいです。

白髪が多くて髪が硬く太い人は、理想の髪色よりワントーン明るいものを選ぶと良いでしょう。

 

ダブルカラーをする

白髪染めをした後にカラーリングするという、ダブルカラーという方法があります。

 

  • 白髪染めで染料を髪にのせて定着させてからカラーリング剤を上書きするので、染まりやすくなり色も長持ちする
  • ヘアカラーだけで白髪を染めようとすると染まらず浮いてしまうが、白髪染めを使ったうえで染めれば発色がきれいになる

 

?カラーリング剤は黒髪や、メラニン色素(黒色)が抜けながらも少し残って茶色になっている髪を染めるためのものです。

白髪がちらほらありながら黒や茶色の髪が多い場合、白髪染めではなくヘアカラーの染料に反応し、全体にキレイな発色になります。

 

また、白髪染めが色落ちしてしまう原因に、髪から色素が抜けることが挙げられます。

カラーリング剤を上塗りすることで、髪の奥まで白髪染めの成分とカラーリング剤が定着し、長持ちするようになるのです。

 

ポイントは白髪染めをして髪を洗ったあと、完全に髪の毛が乾いてからカラーリング剤を塗ることです。

焦って髪が乾ききる前にカラーリングを塗ると、両者の染料が混ざり合い、思ったような発色にならない場合があります。

 

一度の髪染めで2度染めることになるので、髪へのダメージも2倍になるというデメリットもあります。

 

 

ハイライトを入れる

30代後半からは髪全体に白髪はなくても、ちらほら白い部分が出てくると思います。

 

白髪染めを使うには抵抗がある量なので、ハイライトを入れることで白髪を目立たなくする方法がおすすめです。

出典:美容室ローテローゼ

 

ハイライトとは、髪の気になる部分だけを明るい色に染めることです。

「3Dカラー」とも呼ばれ、髪に明るい色の毛束をたくさん作ることで、全体を明るくする方法です。

 

黒髪に混ざった白髪をぼかすため、画像のように毛束を少なめに取り、明るめの色で染めます。

カラーを入れた後はアルミホイルなどで毛束ごとに包んで、次の毛束も繰り返します。

出典:美容室ローテローゼ

 

ハイライトを入れない部分は、通常の白髪染めで白髪を隠します。

 

白髪が多い部分に明るい色で染めると、白髪も隠れやすく髪に立体感も出ます。

 

 

明るい白髪染めは美容院へ行く方が無難

美容院で染めてもらう最大のメリットは、プロに髪の状態をみてもらえて、髪へのダメージにも配慮してもらえることです。

 

白髪を明るくしたい場合は、髪質や、白髪染めとカラーリング薬剤の使い分けができないと難しいです。

美容院では明るくしたい部分には強い染料を、ダメージが気になる場所には優しい染料など配慮しつつきれいに染めてくれます。

1人のカラーリングに数種類の薬剤を使うことも普通ですが、素人ではそんなに薬剤を使い分けするのは難しいですよね。

 

自分で白髪を明るく染めるメリットとデメリット
  • メリット…費用が安く、自宅で手軽に染められる
  • デメリット…髪へのダメージが大きい(美容院で施術してもらうより5倍ほどあると言われている)
    色むらができやすく、長持ちしないことがある

 

仕上がりにこだわりたい場合は、プロの技術にお任せするのが無難かもしれませんね。

 

まとめ

黒髪が残っているのに、白髪染めで明るめの色に染めると色むらができそうで、素人には難しいかもしれません。

キレイに仕上げるなら、コストはかかっても経験や技術のある美容院に相談してみる方が安心かもしれませんね。

 

関連記事 部分的な白髪染めをするには美容院に行った方がいいのかを検証した、以下の記事もおすすめです。

部分的な白髪染めは美容室でするもの?自宅でできるケア方法を紹介!

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
Noraja

1児の母。
ノラ猫が増えないように、捕獲や不妊去勢手術をする『地域猫活動』に興味あり。
趣味は絵や文章を書くこと、景色を眺める事、人の話を聞くこと。

Norajaをフォローする
スポンサーリンク
ヘアケア美容
flaugh(フラウ)

コメント