たらこ唇を生かすメイク術!厚い唇を魅力的に見せるコツやアイテム

メイク

ぽってりとした厚い唇を魅力的だと思う人もいますが、当の本人は「たらこ唇」が嫌でコンプレックスだったりします。

そのせいで唇がこれ以上大きく見えないように、「口元はできるだけ目立たせないように控えめに・・」と消極的なメイクになっていませんか?

 

たらこ唇のような厚い唇は、男性から見ればセクシーで魅力的と感じるパーツの一つです。

しかし、メイクやケアを一切しないで放ったらかしの唇だと魅力は半減してしまいます。

 

  • たらこ唇を活かすメイク方法
  • たらこ唇は立派な武器だと割り切る

この記事では、コンプレックスである「たらこ唇」を活かしたメイク方法を紹介します。

コンプレックスを武器に変えてセクシーで魅力的な唇を手に入れましょう。

 

 

たらこ唇を活かすメイク方法

 

  • リップラインはぼかし気味にする
  • リップカラーは敢えて華やかな色のチョイスもアリ
  • 仕上はグロスでツヤ感重視

ポイントはグラデーションを作りながら、ぷるぷるとした潤いのある唇にすること。

たらこ唇はもともとふっくらしているので、簡単にセクシーで魅力的な唇になれますよ。

 

リップラインはぼかし気味にする

たらこ唇の人は唇全体にリップを塗ると、存在感が出すぎてしまいます。

唇のメイクをするときはリップラインをぼかし気味にして、グラデーションを入れることがポイントですよ。

 

メイク方法

  1. もともとの唇の輪郭をファンデやコンシーラーでぼかして色味を消します。
  2. 唇の内側1/2くらいに好きなカラーのリップを塗ります。
  3. 指や綿棒を使って塗ったリップの外側をぼかしてグラデーションを作っていきます。

    出典:MAKE IT
  4. 色味が足りないときは、もう一度唇の中心部分にリップを重ね塗りしましょう。
韓国風グラデーションリップの作り方

 

リップカラーは敢えて華やかな色のチョイスもアリ

ヌーディーなカラーにしがちなたらこ唇さんでも、このグラデーションリップなら普段絶対に選ばないような濃い色にも挑戦できます。

流行りの赤いリップを唇全体に塗るとコンプレックスを強調するだけになりますが、ぼかしてグラデーションを作れば普段使いのできる自然なリップに仕上がりますよ。

【左:グラデーション / 右:全体に塗る】

出典:楽天

このように赤やオレンジなど疎遠になりがちな色味もグラデーションすることで自然に仕上がります。

もとの唇よりも小さく見えるので、厚みのある唇がコンプレックスに感じている人にもぴったりですね!

 

 

仕上げはグロスでツヤ感重視

グラデーションリップの仕上はグロスを唇全体にのせて、ツヤ感を出しましょう。

もともとぷっくりしているからこそ、ツヤのあるグロスをのせるだけで立体感のあるセクシーな唇が出来上がります。

 

出典:美的.com

リップグロスは色味の少ない透明度が高いものを選びましょう。

 

 

たらこ唇は立派な武器だと割り切ろう

 

  • 男性にとって女性のたらこ唇は魅力的
  • 人相学で厚い唇の女性は愛され顔

人相学でも薄い唇よりも厚い唇の女性の方が良いとされているので、「たらこ唇は立派な武器」だと割り切って付き合っていきましょう。

 

男性にとって女性のたらこ唇は魅力的

「オーバーリップ」と言って薄い唇の人が、より唇を大きくぽってりと見せるための唇メイクが流行っているように、同性から見てもたらこ唇は羨ましいものです。

そして、男性にとっては「触れたい」「キスしたい」と思わせてくれるのが、厚い唇。

 

実際は、薄い唇よりも厚い唇の方がセクシーで魅力的に感じるというわけですね!

 

人相学で厚い唇の女性は愛され顔

人相学では、唇の厚さと情の深さが関連していると考えられていて、厚い唇の人は愛情深いとされています。

特に唇の厚い女性は母性に溢れていると言われ、男性は本能的に母性を求めているため「たらこ唇の女性」に魅力を感じるケースが多いです。

 

厚い唇のタイプ別に見る人相学

唇が厚いと言っても、上唇の方が厚い人もいれば両方ともぽってりとしている唇など人によって様々。

ここでは人相学に基づいた、それぞれのタイプ別性格を見ていきましょう。

1.両方の唇が厚い
  • 愛し愛されるタイプ
  • 愛情に溢れている
  • 恋愛体質で性にも積極的
  • 好きな人ができると一途
2.上唇が厚い
  • 人を愛することが好きなタイプ
  • 恋愛になると尽くしてしまいがち
  • 異性への理想が高い
3.下唇が厚い
  • 愛嬌があり人から愛されるタイプ
  • クールに見えるが性欲が強い
  • 人に世話を焼いてもらうのが当たり前と感じ、誰かに依存しやすい

 

どのタイプでも生活の中に愛情が溢れていることが分かります。

コンプレックスだと感じていた「たらこ唇」を愛され顔の象徴だと考えれば、これから先は自信を持っていけるのではないでしょうか?

 

まとめ

リップメイクを敬遠しがちな「たらこ唇」も、グラデーションでリップラインをぼかせばナチュラルな仕上がりになります。

  • ファンデやコンシーラーで唇の輪郭や色味を消す
  • リップは唇の中心1/2程度に塗って指や綿棒でぼかす
  • 仕上はグロスでツヤを出す

たらこ唇がずっとコンプレックスだと感じていた女性も、今回紹介したグラデーションを活かしたリップメイクならセクシでツヤのある唇になれるのではないでしょうか?

自信を持って、今までチャレンジしたことのないカラーにもぜひ挑戦してみてくださいね。

 

関連記事 厚みのある唇を薄くしたいならこちらの記事が参考になりますよ。たらこ唇はメイクで治す?つい触れたくなるようなモテ唇に変身!

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人

30代、2人の娘のママをしています。
下の娘が幼稚園に行き始めて1人の時間ができたので、今さら脱毛を始めました(^_^;)
いつまでもキレイでいたい女性の為に、分かりやすく情報をお伝えできればいいなと思っています。

risarisaをフォローする
スポンサーリンク
メイク美容
flaugh(フラウ)

コメント