フォトRFの効果と回数の目安|シミやそばかす治療と副作用について

美容

鏡を見ては憂鬱(ゆううつ)になるシミやそばかす、美白化粧品などのセルフケアを続けても短期間で目に見える効果がなくて諦めかけていませんか?

そんな頑固なシミやそばかすも、美容外科で簡単に消せる時代になりました。

通常のレーザー治療では細かい「そばかす」などは1つずつピンポイントで当てていくのは大変な上に、レーザーの出力が高いので施術後は顔中「かさぶた」になりかねません。

しかし、「フォトRF」なら、シミ治療に使用されるレーザーと比較してもパワーは抑えめなので、ダウンタイムも少なく顔全体に照射することが出来ます。

 

そこで今回は効果が出るまでに必要な平均回数と、フォトRFの副作用についてお話していきます。

 

 

フォトRFはシミやそばかすに対して効果的

フォトRFとは、光エネルギーと高周波のエネルギーの2つを同時に照射することが出来るフォトフェイシャルの一つです。
  • 光エネルギー・・・インテンスパルスライト(IPL)を照射するとメラニンや毛細血管など色素のみに反応するため、そばかすやシミに対して効果が高い。
  • 高周波エネルギー・・・表皮にあるメラニンに作用されずに真皮にまでエネルギーを届けることが出来るのでコラーゲンやエラスチンの生成を助けてくれる。

 

従来の光エネルギーのみのフォトフェイシャルの場合、深い場所にあるシミを治療するために出力を上げてしまうと表皮が火傷(やけど)を起こす恐れがありました。

しかし、高周波(RF)と一緒に照射することが出来るフォトRFなら、皮膚の深い場所にまで熱が届き、皮膚を傷付けることなくシミやそばかすを治療することが出来るのです。

 


出典:デイスパ フェリーク

 

【フォトRFが向いている人】

  • シミやそばかすが顔全体に多く点在している
  • シワやたるみが気になる
  • 赤ら顔・赤ニキビ悩んでいる

 

 

フォトRFの平均的な治療回数は5回

フォトRFはシミ取りレーザーよりもマイルドなパワーで照射するので、やはりシミやそばかすに対しても効果が弱まります。

顔全体に照射できるという点では、そばかすなど無数に広がっている症状に対してとても有効ですが、効果を出すためには最低5回の施術が必要です。

もちろん1回の治療でもコラーゲンやエラスチンが増成されるため、肌のハリを実感することは出来ますが、目に見える効果が現れるまでには時間がかかるでしょう。

1回当たりの料金は15,000円前後となっており、3~6回のコースも用意されています。

 

3~4週間おきに照射

肌の新陳代謝に合わせて治療すると効果的なので、1度目の施術から3~4週間の間隔を空けて2度目のフォトRFを受けましょう。

また、レーザーを照射するとメラニンが破壊されて、シミやそばかすのある場所にかさぶたが出来るのですが、かさぶたが出来るということは肌が傷付いている証拠です。

「かさぶたが取れていない=肌が回復していない」状態で、さらに肌を傷付けるのはよくありませんので必ず3週間以上は空けて、肌が回復してから次の施術を開始しましょう。

 

状態によっては5回より多く治療

根の深いシミなど肌の状態によっては5回の施術では、完全に消すことが出来ない場合があります。

まだシミやそばかすの範囲が広く残っているなら、フォトRFをしばらく続けなければならないのでさらに多くの治療が必要です。

ただ、Qスイッチレーザーのようなピンポイントに照射した方が良いケースもあるので、何度か治療した後にシミが気になるようなら一度医師に相談してくださいね。

 

 

フォトRFがおすすめの美容外科クリニック

  • 湘南美容クリニック
  • 品川美容外科

どちらもリーズナブルな料金設定で人気の高いクリニックですね。

 

湘南美容クリニック1回 9,800円
5回 46,800円
※SBC会員はさらに割引あり
品川美容外科

(フォトシルクプラス)

初回 7,400円~

 

 

フォトRFによって起こり得る副作用

フォトRFは2002年に日本の厚生労働省と同じような機関である、アメリカのFDA(食品医薬品管理局)の認可を受けているため安全性はお墨付きです。

また、通常のレーザーとは違いダウンタイムもほとんど無いため、施術後からすぐにメイクも出来るといったメリットもあります。

しかし、フォトRF照射後の肌はデリケートな状態なのでケアを怠ると、副作用が出てくる恐れもあるので気を付けなければいけません。

稀に起こり得る副作用について、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

肌が赤くなる

レーザー照射後は、熱によって肌に赤みやほてり・腫れなどの症状が出るケースもあります。
しかし、ほとんどの場合は当日~翌日には治まるため心配はいりません。

 

また、照射後は肌の新陳代謝が促進されている状態なので、肌の中で溜まっていた老廃物が外へと追い出されてきます。

そのせいで一時的にニキビのような症状が現れることがありますが、好転反応と呼ばれるもので1週間もすれば自然に治るため問題ありません

 

シミやそばかすの状態が悪化する

フォトRFの施術後は、シミやそばかすなどに強く反応すると濃くなったように見えますが、しばらくするとその部分にかさぶたが出来ます。

このかさぶたは術後10日~2週間ほどで自然に剥がれ落ちますが、それまでに無理矢理取ってしまうのは絶対にNGです。

 

まだ完成していない新しい皮膚が表面に出てしまうため、炎症性色素沈着を起こしてしまう可能性が高くなります。

せっかく治療を受けてもまた新たなシミが出来てしまっては意味がないですよね?

 

洗顔時はかさぶたを剥がしてしまわないように優しく洗い、顔を擦ってしまう癖がある人は知らない間にポロポロと取れているかもしれないので気を付けるようにしてください。

 

まとめ

  • フォトRFは「光エネルギー」と「高周波エネルギー」を同時に照射することで、より深い場所にまで安全にエネルギーを届けることが出来る
  • 施術は3~4週間の間隔を空けて5回程度が目安
  • かさぶたを無理に剥がすと炎症性色素沈着を起こすことがあるため絶対にNG!

 

フォトRFは顔全体に広がっているそばかすやシミに効果的で、さらに真皮層にまで熱が到達するのでコラーゲンやエラスチンが増成され、肌のハリや弾力を感じることが出来る施術です。

まずは、3~4週間置きに5回の施術を受けてみて下さい。

それでも改善されない頑固なシミは、Qスイッチレーザーのようなピンポイントに照射するシミ取りレーザーで撃退しましょう。

 

関連記事 ニキビ痕の治療におすすめな美容皮膚科をまとめたこちらの記事もおすすめです。

https://flaugh.jp/beauty/12959

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人

30代、2人の娘のママをしています。
下の娘が幼稚園に行き始めて1人の時間ができたので、今さら脱毛を始めました(^_^;)
いつまでもキレイでいたい女性の為に、分かりやすく情報をお伝えできればいいなと思っています。

risarisaをフォローする
スポンサーリンク
美容美容整形
flaugh(フラウ)

コメント