痛いと感じる施術は危険?エステのリンパマッサージが痛い原因5選!

ボディケア

老廃物を流す役割をしているリンパは、その流れが滞ったり詰まったりすると体に様々な不調を来たします。
エステやサロンの施術の中には、リンパの流れをスムーズにするための「リンパマッサージ」がありますが、施術中の痛みがつらいと言った声もあるためマッサージを受けるのに不安を感じていませんか?

痩せるためのセルライトマッサージやツボ押しは強い圧を掛けるため痛みを感じることもありますが、リンパマッサージ単体では本来痛くありません。

では、なぜエステでのリンパマッサージは痛いと言われるのか、その原因について詳しくお話していきます。

 

 

エステのリンパマッサージは本来痛いものではない

リンパマッサージとは、リンパの流れを促進させて体の老廃物や水分を排出しやすくする施術です。
血液は心臓がポンプの役割をしており、心拍が早くなれば血流も促進されゆっくりとしている時には流れも穏やかです。

しかし、リンパはポンプの役割をするものが無く筋肉の収縮によって流れるため、運動不足になどによってリンパ液が滞りやすくなります。

 

リンパの流れが悪くなる原因
  • 運動不足
  • ストレス
  • 身体の冷え
  • 衣類や下着の締め付け

 

様々な要因によってリンパの流れが悪くなってしまうと老廃物や水分が体内に留まってしまい、むくみや冷え、肩こり・吹き出物・体重の増加など身体のあらゆる部分に不調を感じてしまうでしょう。

そんな不調を解消するのが「リンパマッサージ」ですが、リンパに沿ってゴリゴリと強く指圧をするイメージがありませんか?
しかし、本来のリンパマッサージはリンパの流れを良くするためだけなので、実際は痛くありません。

その理由は、約70%のリンパ管が「真皮」という皮膚の浅い場所にあるためです。


出典:あんず鍼灸整骨院

そして真皮の上にある表皮は約0.2㎜と薄いため、「皮膚をさする」くらいの力加減でもリンパを促進するには十分だと言えるでしょう。

逆に強くゴリゴリと押しながらリンパマッサージをすると、リンパ管や毛細血管が傷付き内出血を起こす可能性もあります。
痛みや不安が強くなると交感神経が優位に立つので筋肉が緊張して硬くなり、さらに血流やリンパの流れも悪くなるため、せっかくのマッサージが逆効果ということも。

だからこそ、リンパマッサージは皮膚をさするくらいの心地よい刺激で施術されるものであり、強い力で痛みを感じさせるものではないのです。

 

 

エステのリンパマッサージが痛い時に考えられる可能性

本来痛みを感じないはずのリンパマッサージが、なぜ痛いと言われることがあるのか不思議ですよね?
エステにはリンパマッサージだけではなく、痛みを伴うマッサージを併用して施術することがあります。

そのようなケースでは痛みを感じても仕方ありませんし、その他にも雑な施術によって痛いと感じることもあるのです。
ここでは、リンパマッサージが痛いと感じてしまう原因について見ていきましょう。

 

セルライトを潰せている

セルライトを潰すマッサージは、エステの施術の中ではダイエット効果を高めるためのスタンダードな方法です。
このマッサージでは頑固なセルライトを除去するために、かなりの圧を掛けて揉みほぐします

「内出血やあざになってしまう事も珍しくない」ほど強く揉むものなので、「痛い!」と叫びたくなる人もいるようです。

 

リンパが詰まっている

リンパの流れを促進させるだけなら皮膚をさするくらいの力加減でも十分なので、強い痛みは感じないはずですよね。
しかし、老廃物や水分が増えてリンパの流れが遅くなると、そのうちリンパが詰まってしまいます。

マッサージをする時に詰まってしまったリンパが神経に触れることによって、痛みを感じやすくなるのです。

 

必要以上にマッサージをしている

通常のリンパマッサージはリンパの流れを促進させるだけのものですが、エステの中には必要以上に強くマッサージをするケースがあります。
これは、わざとそうしている場合もありますが、リンパマッサージを理解していないエステティシャンが施術をしている時にも起こり得るものです。

リンパマッサージをするためには、医師や看護師といった国家資格は必要ありません。
もちろん民間の資格をきちんと取得して働いているエステティシャンはたくさんいますが、必ずしも資格が必要という訳ではないため、経験の浅い未熟なスタッフもいます。

そのような場合は、「リンパマッサージは強く指圧するもの」と思い込んでいる可能性もあるので痛みを感じてしまうことがあるでしょう。

 

クリームなどを塗らずにしている

リンパマッサージは、自分でする時でもクリームを塗って指が滑りやすくなるようにします。
しかし、エステでのリンパマッサージの際にクリームを塗らないで施術をすると、指が滑らず力が入りすぎてしまうので痛みを感じやすくなってしまうのです。

そのようにクリーム等を使わない雑な施術をするエステは稀ではありますが、もしマッサージの前にクリームを塗っていないなと気付いたら違う店に変更することも考えた方が良いかもしれません。

 

 

痛いリンパマッサージをするエステは営業のためかもしれない

リンパマッサージの際にわざと強くマッサージをするエステがありますが、これは営業の可能性があります。

  • リンパの流れが悪くて老廃物が溜まっているから痛い
  • 週に1度通えば次第に痛みは感じなくなるからと言ってコースを契約させる
  • 痛いと感じるのは身体の調子が悪い

 

このように患者の不安を煽り、次の施術の予約を入れさせるために痛みを感じるようにマッサージをするエステがあるのも事実です。
もちろん実際にリンパが詰まっていて痛みを感じることもありますが、我慢出来ないほど痛いという時は遠慮せずに伝えて、少し弱めにマッサージをしてもらいましょう。

また、リンパマッサージはエステに行かなくてもコツさえ掴めば自宅でも簡単に出来ます。
指を滑らせるためのクリームやオイルさえあればOKなので、以下の記事を参考に自分でもやってみましょう。

参考リンパマッサージの痩せる効果とは?効果アップの手順&タイミング!

 

まとめ

本来のリンパマッサージは痛みを感じるものではなく、心地よい刺激でリラックスして受けられるものです。
しかし、セルライトを潰すマッサージを併用していたりリンパの詰まりが酷い場合は痛みを感じることもあるでしょう。

ただ、中には未熟なエステティシャンによるマッサージや雑な施術による痛み、そして営業のためにわざと強く押して痛みを感じさせるケースもあるため注意しなければいけません。
エステに通うのが不安な人は、セルフケアでマッサージしてリンパの流れをスムーズにさせましょう。

 

 

スポンサーリンク
この記事が気にいったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人

30代、2人の娘のママをしています。
下の娘が幼稚園に行き始めて1人の時間ができたので、今さら脱毛を始めました(^_^;)
いつまでもキレイでいたい女性の為に、分かりやすく情報をお伝えできればいいなと思っています。

risarisaをフォローする
スポンサーリンク
ボディケア美容
flaugh(フラウ)

コメント